日の出湯

 佃小橋の橋詰にあるマンションの中の銭湯。ここの湯の熱さはハンパではないらしい。暑くてたまらないのを、ゆでダコのように真っ赤になりながらこらえるのが江戸っ子という、落語の世界そのままです。
ただし、湯船の中で酒を飲んでもよいそうなので、ビールを飲みながら浸かっている人もいるらしい。
また、近隣の人たちは、風呂道具を一切持たずに行くそうです。というのも自分の道具は銭湯に置いてあるから。元佃のあたりは、風呂のない家が多いらしいんですよ。
えっ、わたしですか? わたしは暑いのや熱いのが苦手なので、行ったことはありません。あと銭湯の隣に入っている中華料理屋の瓶紹興酒は、飲み過ぎると悪酔いする


b.pnga.png

これはあくまでも個人的な備忘のための旅行記であり、ここに書かれている情報を利用したためにどのような不都合があったとしても、当方は一切関知しませんので悪しからず。