東京商船大学

東京商船大学

 門前仲町から南に下って、大川を月島に渡ろうとする相生橋の橋詰に、随分古くさい建物があります。これこそ、明治8年創立の三菱商船学校を濫觴とする東京商船大学です。
 この重々しい建物は昭和7年に建築されたのですが、どうもクリニッジにあるイギリスの海軍大学の建物を連想させます。また、明治天皇の御座船であった、明治丸という帆船が校庭につき刺さっています。あと、構内に桟橋がある大学というのもなかなかないですよね。

 それで非常に印象的なのは、かなり広い大学のキャンパスでありながら、ほとんど構内を歩いている人の姿を見かけいないことです。いったいこの学校には学生がいるんだろうかといつも不思議です。みんなたいがい遠洋航海に出かけてしまっていないんだろうか。
 僕が出た学校は貧乏な私立大学だったので、狭い通路をいつもイモを洗うように学生が歩いていた、というところから大学のイメージを考えてはいけないのでしょうか。
 東京水産大学と合併して東京海洋大学になったらしい。略して東海大学か?


b.pnga.png

これはあくまでも個人的な備忘のための旅行記であり、ここに書かれている情報を利用したためにどのような不都合があったとしても、当方は一切関知しませんので悪しからず。