パリ広場

パリ広場

これは驚きました。
執筆に疲れて、石川島公園を歩いてみたんですよ。石川島公園というのは、隅田川と大川が二股に泣き別れるところ、すなわち大川端リバーシティーの先端にある公園なんですが、あまりうろついたことはありませんでした。そもそもこの地は、「石川島」という地名なんです。先端の部分は、船の甲板のように板張りになっていて、夜になるとルアーでスズキを狙う太公望が現れます。昼間もいるんですけどね。時間的に余裕がある大変うらやましい方々です。

護岸の上に登ってみると、直径30メートルの円形の広場があります。広場の名前を見ると。なんと「パリ広場」と書いてあるんです。なんじゃいこれは。

1997年は「フランスにおける日本年」で、パリ16区に「東京広場」というのがつくられたそうなんです(ホントかよ!)。そのお返しとして1999年、日本におけるフランス年に「パリ広場」を東京につくることになり、お台場の「自由の女神」に人だかりがする一方でひっそりと、なんとここがパリ広場になってしまったのでした。
うちのすぐ横におフランスの広場があったとはつゆ知らず。これからもう少しフランスワインを飲むようにしようと誓いを新たにしました。

パリ広場


b.pnga.png

これはあくまでも個人的な備忘のための旅行記であり、ここに書かれている情報を利用したためにどのような不都合があったとしても、当方は一切関知しませんので悪しからず。