路地

roji.jpg

本所深川は空襲で壊滅しましたが、佃、月島はまったく罹災しませんでした。住民が一致団結して消火にあたったからだという説があります(築地は聖路加病院があったお陰で爆撃されなかったんだそうですね)。ですから本来の下町は戦災によって影も形もなくなってしまい、明治以後に埋め立てられた月島の町並みにのみ、往時の面影を残しているのです。現在隆盛を極めるもんじゃ焼きも、こうした路地に面した駄菓子屋から生み出されてきたのだそうです。
長屋が建ち並ぶ月島の狭い路地(隣家まで2メートル程度の幅しかありません)には、これでもかと言わんばかりに植木鉢がせせこましく並び、その間を子供が走り抜け、井戸端会議が盛んに開催され、夏場には縁台でおばあさんが涼んでいたりします。

路地


b.pnga.png

これはあくまでも個人的な備忘のための旅行記であり、ここに書かれている情報を利用したためにどのような不都合があったとしても、当方は一切関知しませんので悪しからず。