佃点描■名人芸


筏

新木場から来るのでしょうが、筏を組んで大川から隅田川を遡上する曳き船を度々目にします。
これだけ長い荷物を繋いでいると、旋回半径が長いのでさぞかし操縦は難しかろうと思うのですが、器用に舵をさばいて狭い橋脚の間をすり抜けていきます。まさに名人芸。でも多分、ときどき失敗して思いっきり橋脚に木材をぶつけて怒られる人もいるんだろうな。



b.pnga.png

これはあくまでも個人的な備忘のための旅行記であり、ここに書かれている情報を利用したためにどのような不都合があったとしても、当方は一切関知しませんので悪しからず。