岡本呻也著 文藝春秋刊 

解題 『ネット起業!』 田中裕士vs.岡本呻也2

インタビュアー 田中裕士
文藝春秋(取材スタート時の編集担当者)


  ●IT革命の本質とは何か

田中 いやあ、岡本さん、『ネット起業! このバカにやらせてみよう』ですか。どえらいタイトルつけましたね。

岡本 誤解されるかなあ。
 これはですね、決して本のなかに出てくる人たちを揶揄している表現ではなくて、ベンチャービジネスを育てる社会の側から見た話ですよ。
 つまりペンチャーに出資する側、あるいはベンチャーと付き合おうとする大企業の人たちに対して、「ベンチャーは世の中を変えていくかもしれないポテンシャルを少なくとも持っているのだから、温かい手を差し伸べてやってくださいよ」という意味のことを書いている僕の文章の一部分から、担当編集者が取ってきてつけたタイトルなんです。
 僕は、ポッと出の新人ですから、編集者が決めたタイトルにどうこういうようなことは、はなからできないわけですよ。というか、編集者の編集手腕を信頼して、何事もすべてお任せしているということでして。

田中 まあ、「空手バカ一代」という例もあるし、ある意味、バカであるということは悪いことじゃない。本になった以上は、一人でも多くの人に手にとってもらって、岡本さんの意図を理解してもらうしかないですよ。
 というわけで、早速この本のテーマをお話しください。

岡本 インテルのアンディ・グローブは「パラノイアしか生き残れない」と言ったそうですが(やっぱり彼は確信犯だったんですね)、「パラノイア」じゃ、なんだかわからなくてタイトルになりませんからね。あるいは長野県民の新しい選択も、自分たちの持たないモノを、自分たちとは異なる文化を持った新知事に持ち込んでもらうという、社会の側からの一種の賭けですよね。

 それで、このノンフィクションは5章から成り立っています。各章で取り上げた対象は以下の通りです。

 第1章 ダイヤル・キュー・ネットワーク
 第2章 ハイパーネット
 第3章 インターネット市民革命前夜
 第4章 ビットバレー
 第5章 iモードとコンテンツ・プロバイダー

 カタカナばっかりですよね。
 それで、僕がこの本を通して描きたかったことは、前書きの17ページにある以下の文章に尽きていますが、改めて申し上げますと、「IT革命の本質とは何か」ということです。IT革命というのは、携帯電話とかパソコンとかインターネットTV、情報家電ができることだ。それによって、生活が変わってくるということだと思っている人が多いですが、生活が変わるくらいじゃあぜんぜん革命ではないわけです(笑)。
 「革命」といわれるほどのものであるならば、どうあらねばならないのか。

田中 おお。歴史の教科書に出てくる市民革命とかと同じレベルだということですか。

岡本 そうですね、 それは社会システム自体が変わるというところまでつながってくるはずです。そして人の考え方自体が変わらないと、社会システムは変わらないはずです。
 よく「IT革命によって生産性が上がる」といわれていますが、ただパソコンや情報機器を使っただけで赤字企業が黒字になるはずがないですよね。社会参加の仕方とか、仕事に対する考え方が変わらなければ、生産性が上がるわけがない。普段とおんなじような働き方をしていて、パソコンを中心に成り立っているスキルと考え方を身につけ、仕事のやり方を徐々に変えていくことによって、戦略の必要性に気づいたり、「実は今までの仕事の方法では自分がもらっている給料に見合った働きはやっていないな」という事実に徐々に気がついていくという過程があるはずなんです。
 儲かっていない会社の人は、自分の仕事に見合った収益を会社全体では上げていません。それは、ほとんどの企業において、これだけコスト構造が高くなると厳然たる事実なわけです。

田中 そこへ少子高齢化の波が追い打ちをかけると。日本の未来は悲観論が覆っています。

岡本 今言ったような状況が変わらなければ日本はもう立ち直ることはできませんよ。今後高齢化社会になってきて、介護システムが問題になったときに、そこからみんなが逃げていてはだめなんです。
 地域問題も同じです。自治体合併が話題になり始めていますが、零細な自治体については、救いの手を差しのべる以外にはない。日本社会は、互助的に助け合う仕組みを作り上げなければ、絶対に助からないところまで来ちゃってるんです。

 いまはもうみんな利己的になってしまって、世の中ばらばらですよ。このままでいくとクラッシュすることは間違いありません。
 しかし、IT革命が真の革命であれば、こうした流れを変えることができるのです。個人の社会参加とか、ビジネス・センスを変えなくてはならない。それはすなわち、ネットワークにいかに対応するかということです。これが、IT革命の先にわれわれに求められていることなんだと思います。

b.pnga.png

サイト運営者は桜内ふみき氏をサポートしていますサイト運営者は桜内ふみき氏をサポートしています




人間力★ラボ
人間力★ラボ




人間力営業
人間力営業



「人間力」101本