HOME > 運営者人事考課 > 2011年ヨーロッパ旅行 > 2011年ヨーロッパ旅行 1月16

1月16日 ローマ


 8時半のユーロスターイタリアで、ローマに移動。
 10時ローマ着。駅からタクシーでポポロ広場近くのホテルにチェックイン。荷物を預ける。
 歩いて観光する。コルソ通りは日曜日なので歩行者天国になっているようだ。
IMG_6350.JPGコルソ通り。2kmの直線で、昔は競争イベントが行われていた。
 下院の前では軍楽隊がドイツ行進曲の演奏をしている。
IMG_6361.JPGベルルスコーニのスキャンダルで大騒ぎ中の下院の日曜日。
 これをかすめて、パンテオンに向かう。しかし何とミサをやっていて入ることができない。高位の聖職者が来ているようだった。しかしパンテオンというのはそもそも、古代ローマ人がすべての神を祀るために作ったものであって、キリスト教の神に献堂されたものではない。いい気なものである。
 観光客では締め出されて、広場に溜まっている。仕方がないのでやり過ごしてナボナ広場に向かう。

 途中でサン・ルイジ・ディ・フランチェージ教会に立ち寄って、カラヴァッジョが描いた3枚のマタイの画をチェックしておく。前にここに来たのは、いつのことだったっけ。
 今日は日曜なのだが、ナボナ広場はまだあまりにぎわっていないようだ。「やっぱりローマは晴れていてこそローマだなあ」と思いつつ、ベルニーニが作った噴水を眺めた後、ボッロミーニが作ったサンタ・アネーゼ教会に入ってみる。すごい人だかりだ。正午からミサがあるらしく、追い出される。
IMG_6403.JPGこれでこそローマ!
 北側に回って、この広場の元々の成り立ちであるドミティアヌス帝の競技場の遺構を見る。

 ジェラートを食べながら、パンテオンに戻ってくる。統一イタリア最初の国王であるビットリオ・エマヌエーレ2世の墓を見る。
IMG_6425.JPG
 そこからやや歩いて、お約束のトレビの泉にやってくる。この辺で「時間だ」と思うので、アウグストゥス廟を眺めながらホテルにとって返してくる。平和の祭壇の鞘堂はピカピカにリニューアルされていた。
IMG_6444.JPG

 午後3時、Sさんがホテルのカフェに訊ねて来てくださる。
 楽しくお話しして、「どこか食事に」という話になるが、今日は日曜日なのでどこもやっていない。リペッタ通りの方に歩きながら、「前回も日曜だったので教えていただいたうまいナポリ風ピザはどうですか?」と聞くと、目の前でやっているのがそのピザ屋で、ここに腰を落ち着ける。
 飲んで食べて、ご自宅までお送りしてホテルに帰る。でも飲み足りないので、ポポロ広場のカフェで閉店までワインを飲む。

b.pnga.png