3月26日 ニュルンベルク




カイザーブルクカイザーブルク 8時にホテルを出て街を観光する。気温は0度。晴れているが小雪も降っている。どっしり立っている旧市役所はネオルネサンス建築かと思ったら、建築年代から見ると初期バロック建築のようだ。なんせ古い町である。聖ロレンツ教会は1270年から1477年に建てられたゴシック教会。露店に埋め尽くされているハウプト広場の「美しの泉」という塔も見るからにゴシックだ。
カイザーブルクの入り口まで行ってみた。入っている暇はない。12世紀から16世紀にかけて建てられたもののようだ。威圧感のある建物である。

デューラーの家デューラーの家 デューラーが晩年に住んだ家を横目で見て、城壁に沿って下ってくる。これらの城壁も戦後再建されたものだろう。最後にソーセージをかじりながらハンス・ザックス広場にやってくる。靴職人でありマイスタージンガーであるハンス・ザックスの像があるが、ずいぶん新しげな感じだ。彼は楽譜と筆を持って寂しそうに座っている。

ハンス・ザックス像ハンス・ザックス像 ホテルで荷物を受け取って駅に行く。10時20分発ブダベスト行きに乗り込む。これから5時間の列車の旅である。列車は山辺に雪がうっすら積もった起伏の多い田園風景の中を走る。一等のコンパートメントの中はたいへん暖かく、気持ちよく寝てしまう。13時40分ウィーン西駅に到着。

b.pnga.png

これはあくまでも個人的な備忘のための旅行記であり、ここに書かれている情報を利用したためにどのような不都合があったとしても、当方は一切関知しませんので悪しからず。