HOME > 人間力営業 > 潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく

人間力営業トップ画像
第八章 相手の心をゆりうごかす


red.gif

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく



お疲れさまでした。やっとあなたは、苦労して相手の心をつかみ、相手の心に近づいて、相手の心をうごかすという終着点にたどり着きました。
さて、相手の心をゆりうごかすためにはどうすればいいのでしょうか?
相手のニーズや潜在ニーズに、あなたの商品提案やソリューションがヒットすれば、相手の心は大きく動きます。また、相手の熱い気持ちを全身全霊で相手に伝えれば、必ずよい結果がもたらされるはずです。
しかし、そうした提案を控えめな形で申し上げて、最後は「自発的に決めてください」とお客さまに主導権を渡したとしても、なかなかお客さまは最後の選択をしてくれないものです。特に慎重な人や、迷っている人は動いてくれません。
最後はやっぱり、お客さまの背中を押してあげる必要があるのです。これが、お客さまの心をうごかすための最後のはたらきかけです。

その前にチェックしなければならないことがあります。あなたは、これまでさんざんいろいろお客さまの心にはたらきかけて提案してきました。
そのこちらからのはたらきかけや情報が、どのくらいお客さまに伝わって、お客さまの頭の中に残っているのか、相手の頭の中身について、あらかじめシミュレーションをしておく必要があります。
それをまったく考えずに背中を押すと、「えっ、何の話? 聞いてないよ」という反応が返ってきて自爆してしまうこともあるのです。こんなことは確認するまでもないほど当たり前な話のように思いますが、まじめな顔をして、最後の商談だと思って意気込んで行ってみると、まったく話が伝わっていなかった、ボタンの掛け違いがますますひどくなってしまったというような話は、少なくありません。



red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと