HOME > 人間力営業 > 「相手の心に残す」のが、仕事の本質

人間力営業トップ画像
第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく


red.gif

「相手の心に残す」のが、仕事の本質



営業マンがやる仕事は、お客さまの心にどれだけはたらきかけ、お客さまの心に残るかが勝負だということがおわかりいただけたでしょうか。「仕事をする」のが目的ではなく、「相手の心に残す」のが、仕事の本質なのです。
しかし、自分が「ここまで言えば相手にわかってもらえるだろう」と考えているレベルでは、相手には十分伝わり切っていないのが普通です。目安としては、「自分はこのくらい相手のためにやってあげたのに」と考えるうちのだいたい三分の一くらいしか、相手の心には通じていないと考えたほうがよいでしょう。
だから相手に嫌がられないほどに、強く相手の心に届くようにはたらきかけるべきですし、まさに勝負というときにはかなり相手に強いインパクトを与えるように完璧な準備をしていく必要があるのです。

また、お客さまの心に近づいていく過程では、お客さまから嫌なことを言われたり、怒られたりすることもあると思います。しかし営業マンは切れたら負けです。お客さまの感情に対処するのも営業マンの仕事なのです。「感情を爆発させるのはお客さまの役目で、それを冷静に受け止めるのが営業マンの仕事だ」と冷静に割り切ってしまうのがよいでしょう。



red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと