HOME > 人間力営業 > 「お客さまのために」という姿勢を保つ

人間力営業トップ画像
第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


red.gif

「お客さまのために」という姿勢を保つ


「とにかくお客さまのために」という姿勢を保ち続けること。
たとえばある営業マンは、「ひとなつこい笑顔や受け入れられやすそうだなという雰囲気を出そうと心がける。絶対に相手の言ったことを否定しない。どう見ても変なことを言われたとしても、そういうこともあるかもしれませんね」と答えるのだそうです。
少なくとも、何を言われても顔色を変えてはいけません。営業マンの顔色が変わったらもう終わりです。落ち着いた印象で、しかし伝えたいことはちゃんと相手に伝えるように自分をコントロールしてください。

心がけとしては、「とにかく相手にこれを伝えたいんだ」と、ひたすら心の中で思っていれば、自然に相手に伝わりやすいような話し方や姿勢ができるようになるはずです。熱意を込めたら、ちょっと力を抜いて相手の気持ちを引きつけたところで、大切なことを話すと言った工夫もできるようになってくるはずです。
これができていない人はどのように考えているかというと、「この説明は自分が仕事として言わなければならないことだから話しているだけなんだ」ということの方に重点を置いて、表面的に話してしまっているから相手に伝わらないのです。欠陥エレベーター会社の担当者の記者会見や、ニセメール事件の国会議員の記者会見の姿勢がまさにそれでした。それでは相手に何も伝えることはできないのです。



red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと