HOME > 人間力営業 > 気持ちの余裕をもって仕事しよう

人間力営業トップ画像
第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


red.gif

気持ちの余裕をもって仕事しよう


 しかしこういうことを言うと、怒る営業マンもいます。
 「リラックスなんかできるわけないじゃないか、大変なんだぞこっちは。時間もないし、人手もないし、やることはいっぱいあるし」

 わかります。そこでこれはわたしの提案です。大きな声では言えませんが、仕事を完璧にやることはあきらめて、ちょっと気持ちに余裕を持ちましょう。そしてお客さまに満足してもらうことだけに力を集中するというのはどうでしょうか。
 そうしなければ勝つのはむつしい状況にありますよ。「上から言われたことは何でもやらなければならない」と考えるから仕事が大変なのです。できないものはできないし、「ない袖は振れない」と開き直ってしまいましょう。

 誤解していただいては困りますが、「手を抜いて仕事しろ」と言っているわけではありません。仕事はめいっぱいやっていただかないと困りますが、なんちかしてお客さまに向ける気持ちの余裕をつくっていただきたいのです。

 もちろん会社からは怒られます。しかし、到底できそうもないノルマや作業を追求するよりは、目の前にいるお客さまのことを考えるほうが、やりがいもできるし、精神衛生的にはよいと思います。
 なによりお客さまに支持してもらえる営業マンになることが、個人の成長のためには大切なことだとわたしは思うのです。お客さまとの通じ合いができなきゃ、営業マン個人には未来はありません。



red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと