HOME > 人間力営業 > 前向きな毎日を生きるための第一歩

人間力営業トップ画像
第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


red.gif

前向きな毎日を生きるための第一歩


自分がその仕事が好きなのかどうかをわからずに、いい加減な気持ちで仕事を始めても、お客さまの心をうごかすことはできませんから、うまくいくはずはないのです。
自分がそういう状況にはまりこんでしまった人は、なんとしてでも、その仕事の好きになれる部分を見つける努力をすればよいでしょう。一番よいのは、「お客さまの笑顔を見るのが好きだ」という、お客さまを対象としたことによろこびを感じることなのですが、何か新しいことを成し遂げるとか、自分自身の知識が増えるとか、人間関係が広がっていくとか、どんなことでも構わないと思います。

そしてその自分が好きなことを追求するのを仕事の目的と考えれば、仕事をやっていく中で自分自身が満足感を得ることができるし、成長していくことができるし、自己充足ができるでしょう。それをもっと進めれば、「仕事だからやっている」という強制的な「やらされ感」がなくなって、仕事の中に自分自身の生きがいを見つけることまでできるようになるはずです。
そうであれば、毎日の仕事が楽しくなってくるはずです。仕事を義務としてとらえるのでなく、楽しんでできるようになれば、仕事への取り組み方も変わってくるでしょう。
「仕事を通して人生の中で自己形成をやっていける」と考えているか、「単にやらされているだけで自分の人格とは関係のないところでただ給料をもらうためにやっているのだ」と考えるか、この意識の差はあまりにも大きいと思います。
営業の仕事の目的は売ることかもしれませんが、仕事というのはそれを通して自らを成長させる可能性を含んでいるものだと考えるべきです。その決心が、自分自身の未来を切り開くはずなのです。

みなさん毎朝、営業部に出勤すると、同僚たちにあいさつをすることと思います。営業マンたちは同じようにスーツを着て同じようにネクタイを締めていますが、その気持ちの中では、「自分は仕事を通してさらに成長してやろう」と前向きに考えているか、あるいは給料をもらうために仕方なく仕事をやらされて、つらい毎日を過ごしているのか、各人ごとに大きな意識の差があるのです。自分はどちらの側でありたいと思うか、毎朝出社して着席した時に考えてみてください。
前向きな毎日を生きるための第一歩は、「自分はこの仕事のプロになる。そして仕事は自分自身の成長をもたらすはずだ」と決心することにあります。
そして、自分の仕事の範囲はどこからどこまでなのかをちゃんと理解していれば、あなたはお客さまや周囲全体に対して、心の窓をおおきく開けるはずです。

なかなか売れなくてくじけそうになっている営業マンの方にわたしがお勧めしたいのは、少し考えていただくことです。
あなたは、お客さまとの間に心を通じ合わせようと工夫していますか。たとえばお客さまと共通した関心事や、よろこびを感じることがないか。サッカーファンであるとか、映画が好きとか、子供の年齢が一緒であるとか。ほんのちょっとの共通点があれば、相手はあなたを邪険にはしないと思います。
なぜなら、自分と心が通じている相手を邪険にするということは、自分自身を邪険に扱うことになってしまうからです。

そこをとっかかりにしてお客さまとの「心と心の関係」をつくり、その関係を徐々に広げていくことで、売れる瞬間を味わうことができるでしょう。その時にあなたは何かをつかむことができると思います。
その感覚を忘れてはなりません。そこでつかめたものは何か、お客さまとの気持ちのつながり、お客さまの満足、それが繰り返されていく中で商品が売れていくのだと思います。それをくり返していくのが、営業マンが価値を生み出すために必要なことなのだと考えていただければよいでしょう。


red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと