HOME > 人間力営業 > 「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

人間力営業トップ画像
第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


red.gif

「人間力の三要素」は人間関係の必殺技


第一章でご説明した、
相手と自分が違う心を持っていることを理解すること
相手と自分の心を通じ合わせること
「相手の望みをかなえたい」と思うこと
という三つのポイントは、人間力を発揮させるための、ぜったいに忘れてはならない前提条件です。

その前提条件さえちゃんと頭に入れておけば、日常業務の中でこれから述べる三つのことに気を配るだけで、あなたの人間力を格段に向上します。営業マンであれば、当然営業成績の上昇につながることでしょう。
それをわたしは、「人間力の三要素」と呼んでいます。これは人間力のある人が無意識のうちに身につけているもので、彼らはこれを使って置いての気持ちをゆりうごかしているのです。まさに人間力の貴重なエッセンスです。

そしてあなたも「人間力の三要素」を実践すれば、普段の仕事の効率をよくするだけでなく、どんなピンチに陥った時にも対応能力をプラスすることになるでしょう。これはどんな時にも使えて、あなたの人間力を最大化できる、人間関係の必殺技なのです。

「人間力の三要素」とはなにか。勿体つけずにさらりと申し上げましょう。
心の窓を全開にする
いつもリラックスして仕事する
相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえようとする
この三つです。

「こんなこと、当たり前じゃないか!?」と思われるでしょう。まったくそのとおり、当たり前のことなんです。とはいえ、これはとっても奥が深いことなのです。

なぜなら、この三要素が対象としているのは、目に見えない「人間の心」だからです。相手の心であり、自分の心なのですが、人の心の深さは測り知ることができません。ひょっとすると宇宙よりも深くてひろいかもしれないのです。
だからかんたんであるとはいえ、決してあなどってかかってはいけません。

対人スキルをアップするための細かいテクニックを書いた本はビジネス書の棚にたくさん並んでいます。でもそれらのテクニックは細かすぎて、なかなか覚えきれません。
わたしは三つ以上のことは覚えることができない性質なので、『人間関係をよくするための九十九の法則』などという本は、タイトルを見ただけでめまいがします。
でもこの三要素さえ覚えていれば、どんなことにも対処できるので便利なことこの上なしです。


red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと