HOME > 人間力営業 > なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

人間力営業トップ画像
第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


red.gif

なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか


これからお話しするのは、「人間力」を作用させるための大前提です。
もしあなたが、「お客さまに自分の言いたいことがうまく伝わらない」「お客さまの心をうごかすのが苦手だ」といった悩みを抱えていらっしゃるのなら、このページをよく読んでください。
あなたが「なんとかしてお客さまの心をうごかしたい」と思うのなら、まず最初に、あなたの心とお客さまの心が通じ合っていなければなりません。お客さまとあなたの心は別のものなのですから、心が切れてしまっていては、いつまでたっても相手の心に自分の思いは伝わらないのです。

当たり前のことなのですが、この当たり前のことを忘れてしまっている営業マンが少なくないようにわたしには思えてなりません。これが、現代の営業マンから人間力が失われてしまっている根本要因だとわたしは思います。
営業マンの仕事の半分は、いかにしてお客さまの心と通じ合うかではないかと思います。それができていない営業マンは仕事が半分できていないのと同じことです。

昔の営業マンは、どうすればお客さまの心と自分の心を通わせられるか、努力していたと思います。結局、接待をしたり、ゴマをすったりという事になったかもしれませんが、お客さまと気持ちの関係を作ることには成功していました。
接待は今ではコストがかかるし古くさいので、すたれてしまっていますが、それと一緒にお客さまの気持ちを考えるという部分までも忘れ去られてしまったように思います。だけど、接待をしなければお客さまと心を通じ合わせることができないのでしょうか。それは違うでしょう。
そして、そこをうまくやっている人が、できる営業マンなのです。


red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと