HOME > 人間力営業 > 人間力営業02

人間力営業トップ画像


red.gif

なぜ、現代の営業マンからは人間力が失われてしまったのか


企業で営業マンの研修をしている研修セクションの人から、「昔はうちの営業にも人間力があったのに、今はそれが失われてしまっている。どうしてなんだろう?」
という相談をよく受けます。
いったいなぜ、現代の営業マンからは人間力が失われてしまったのか考えてみましょう。

このサイトの中では、営業マンがお客さまの心をうごかす人間力を高めるにはどうすればよいのかについて述べるつもりなのですが、そのポイントはたった三つしかありません。
だからこれはだれでもかんたんに実践できることですし、心がけ続けることであなたご自身の人間力を必ず高めることができます。ただし、その「人間力の三要素」を使って人間力をパワーアップするためには、どうしてもクリアしておかなければならない絶対的な前提があるのです。
それをみんな忘れてしまっているから、どんなに実力のある人でも、いつまでたっても人間力を発揮できないのです。
それをわたしは、営業マンの三大タブーと名付けました。

それはまず第一に、「【相手】と【自分】は違う人間なのだ」ということが徹底的にわかっているか
それから、お客さまと「心が通じ合って」いるか
最後に、「心の底から相手の望みをかなえよう」と思っているか

この三つをきちんと理解し、実践していなければ、頭がいい人でも、器用な人でも、業務知識では誰にも負けない人でも、相手の心に作用できないのです。
「そんなのわかってるよ」と上の空で聞いている人もよく見かけます。でも、「そんなのわかってるよ」と言う人が、一番わかっていないし、できていないという傾向があります。そういう人は、この3大タブーを軽く見ています。それが日頃のつまずきの原因になるのです。
そこで、この営業マンの三大タブーについて、詳しく触れておきます。
あなたはこれらのタブーを犯していないかチェックしてください。そしてもしこのタブーを犯しているとするならば、その姿勢を改めることから、あなたの人間力パワーアップは始まるのだとお考えいただきたいのです。


red.gif

sign.png



red.gif



人間力営業 目次

人間力とは「相手の心をうごかす能力」のこと

欲を抑えよう

 第一部 できない営業マンの犯している3大タブー

第一章 「【相手】と【自分】は違う」ことが徹底的にわかっているか


ジコチュー営業がダメな理由 「人間力」の最大の敵はジコチュー

第二章 お客さまと「心が通じ合って」いるか


なぜいつまでたってもお客さまの心に訴えられないのか

第三章 営業の突破力は「心の底から相手の望みをかなえよう」と思うこと

「とりあえずノルマをこなそう」では、いつまでたっても這い上がれない

 第二部 「人間力」のUPのために

第四章 「人間力の三要素」その一 心の窓を全開にせよ


「人間力の三要素」は人間関係の必殺技

第五章 「人間力の3要素 その二 いつもリラックスして仕事する


ガツガツしていては、お客さまは逃げてしまう

第六章 相手に気を向けてよく観察し、相手の望みをかなえよう


相手を理解する前に売っても売れない

 第三部 お客さまの信頼を獲得しよう

第七章 相手の心をつかみ、相手の心に近づく

相手の心をつかみ、心に近づく3ステップ

第八章 相手の心をゆりうごかす

潜在ニーズにヒットさせれば、相手の心は大きくうごく












人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと