HOME > 人間力とは、「大人になること」 > 人間力をめぐる 13

12.JPG

「人間力」をめぐる冒険

「できるビジネスマン」のすごいレベル







インタビュアー 飯坂彰啓
答える人    岡本呻也

岡本 それからビジネスによって関係構築の方法はさまざまです。一瞬の接客だけで終わるビジネスもありますし、長い関係構築が必要なビジネスもありますし。
 それでね、僕はもっと話を先に進めたいんです。
 ビジネスの上で、お客さんと心が通じあっている状態というのは、自分の利益を考え、相手の利益を考え、それがないまぜになった状態なんですけれど、じゃあすべて相手に譲ってしまえばいいかというと、そうではなくて、自分の利益を守らなければ相手に対しても失礼だし、商談を成り立たせたり、相手との関係を成り立たせるために必要なことなんですよ。

飯坂 すごいレベルの話をしてますよね。

岡本 そうですね。そういう状況において、それでもある部分は「相手に折れてやってもいいな」とか、「何をやりたいかお見通しなんだけれどまあいいだろう」とすべてわかったうえで妥協してやっているとか、お互いがそのように感じているという局面がビジネスの上でもあるのだと思います。

飯坂 お互いが共犯関係になっているということだよね。
 あるいは、利害を共通化するということだなあ。自分の売っているプロダクトを買えば、相手も相手の組織全体にもプラスになるというふうに相手に思わせるということで。
 「己を知り敵を知れば」ができていなければ、ビジネスができないですから、何を売ればどのくらい儲かるかが分かっているのは当然のことですよね。

岡本 そのレベルの話ができていれば、短期的でない貸し借りの関係ができるはずなんです。

飯坂 貸し借りの場合は、返してもらうまでのクレジット・リスクを考えたうえで、貸しを作るわけでしょう。それはできる人はみんなやっているでしょう。

岡本 それがね、もう期限を切らずに、いつでもいいや、ある時払いの催促なし、出世払いとは言わないけど、お互いの利害がないまぜになっている感覚、ある部分依存し合っている関係にまで行ってるんじゃないかと思うんですね。あるいは、すくなくとも相手にそう思ってもらえる関係をつくると。
 できるビジネスマンはみんなそういうレベルの「心の通じ合い」という関係構築をやっていると思います。
 これ、業種によっても違うし、貸し借りの程度もいろいろあるので、まだ定式化はできませんが、ここには何かおもしろいものがありそうなので、もっと研究してみたいと思っているところです。人間力の肝いところですよ。

飯坂 そこまでのリテラシーにどうやって到達するかというのが、まさに問題なんだよね。

岡本 そういうことです。そこまで持ってくれれば、今日のところのお話は完成ということなんですよ。

飯坂 しかし、信頼というのはどうやって醸成されてくるもんなんでしょうね? 相手が信頼できないのであれば、本当に良いものは売らないものですよ。「コイツにだったら」という信頼感はどうやったら生まれてくるのかなぁ。

人間力とは、「大人になること」と見つけたり

「人間力」エピソード101本

人間力とは、「大人になること」と見つけたり