HOME > 人間力とは、「大人になること」 > 人間力とは 08

08.JPG

「人間力」とは、大人になることと見つけたり

これまでの日本的組織では
求められていなかった能力







インタビュアー 飯坂彰啓
答える人    岡本呻也

人間力の定義 
「人間力」とは、仕事ができる人や、健全な日常生活をおくっている人が持っている、すぐれた社会的能力のこと
=相手の心にはたらきかけて、人を動かす力

飯坂  それは鍛え方の問題だと思いますけどね。外資だったら新卒だって3年会社にいて使い物にならなければクビだよ。

岡本 日本企業では、入社して3年の間に何をやるかというと、「まず仲間になりなさい」ということですから。「共同体的な組織に早く適応しなさい」ということですよ。

飯坂  そういえば、ぼくが銀行に入って最初に命じられた仕事は、宴会の幹事でしたからね。

岡本 それじゃ、儲けにつながらないだろうという話なんですが、それは一般的な日本型組織では問題ではないんですよ。外資のように「3年以内に利益貢献できなきゃだめだ」という考え方は、ちょっと前までの日本企業にはなかったですよ。
 それが、「敵を知り己を知れば」という言い方に表れているんだと思いますよ。

飯坂  不思議だね。ガンガン現場を任せれば、2年でものになる奴はものになるし、ものにならない奴はものにならないということがはっきりわかるはずなんだけど。

岡本 もしできる奴がいて、2年でものになったら、できない先輩の立場がないじゃないですか。日本型組織はのんびりしたもんですよ。
 そうするとね、自分自身を知らなくてもいいということになったら、敵のこともさっぱり分かりませんよ。というより、知ろうともしないでしょうね。だから前の戦争にも負けちゃったんだと思うんですよ。
 つまるところ、これまでの日本的組織では、「人間力」が求められていなかったということだと思うんです。

飯坂  取引相手も、自分たち自身のことを知らない人たちだから、それでもうまくいっていたということですか。

岡本 というよりも、取引先もほぼ系列グループや下請け孫請けの利害関係の中にからめ取られているわけだから、上下関係がはっきりしているので、命令をする側と命令を聞く側が明確に分離してたからですね。
 相手のことなんかわからなくても問題にはならなかったんですよ。

飯坂  そういえば仕事を引きついだ時点で、取引先との力関係も非常にはっきり引き継がれるわけですから。

岡本 10年くらい前までは、それは当たり前のことだったんです。しかし今やそれでは競争に負けるということが明らかになりましたからね。

飯坂  そうするとこれ、「人間力」講座の実際のプログラムは、明確に功利的なアプローチになってるんですか。

岡本 ええ、そうですよ。

人間力とは、「大人になること」と見つけたり

「人間力」エピソード101本

人間力とは、「大人になること」と見つけたり