HOME > オープンソース型ビジネスマン生きる道 > “オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 7-2 Copy Copy Copy Copy

image53.JPG

「男は黙って…」では話が始まらない

 コミュニケーションについての問題点は、他にもいくつかあるね。そのひとつは、亀田部長みたいな「ムラビト」は情報を隠すだけではなくて、自分から情報発信もしないことだ。
 例えば、亀田部長が自分のホームページを立ち上げるなんて想像できるかい。

 キャー! いったい何を載せるんだろう。怖いですね。きっと、すごく自己中心的なホームページになるんだろうなぁ。ゴルフのスコアがコンテンツになってるのかな?

 あまり見に行きたくないよね。でも見ないときっと怒鳴られるんだろうなぁ。

 まあ、そんな心配の必要はない。亀田部長は「男は黙っていればいい」と思っている。それじゃあ商売にならないんだけど……。
 で、ずっと黙って社内で過ごしていると、プレゼンテーション能力がまったくなくなってしまい、他人の説得ができなくなってしまう。問題が起きたときには、むしろこじらせなくていい話をよけいにこじらせたり、火に油を注ぐことのほうが多いからねぇ。

 確かにこれまでは、過去にやってきたことの繰り返しが仕事だったので、人の心を動かして自分に協力してもらうなんて必要はなかったわけだけど、これからはそうはいかないよね。

 そういえば、亀田部長は自分で文章を書かないし、ワープロは全部女子社員に「じゃあコレまとめといて」と任せてるし、コンピュータ・リテラシーがなくて電子メールも自分で開けられないから、少し前まではいちいちわたしを呼びつけてプリントアウトさせてたんですよ。

 わたし、その度に仕事が中断したんですよ! 「これは困る」と思って必死で使い方を教えましたから、最近やっと、自分一人でパソコンのメーラーをいじれるようになったのでわたしは解放されたんですけど。

 まだましなほうだよ。役員になると神輿(みこし)に乗っているだけだから、さらに文章を書かなくなる。しかし文章を自分で書かないと、論理的な思考能力が低下するんだよ。人は自分の考えを文章にまとめることで思考を深めていくからね。

 「おもしろい文章や分かりやすい文章を書こう」とすれば、表現を分かりやすく工夫したり、新しくおもしろいことを考える努力をするよね。それが、「常に付加価値をつける仕事をしよう」という意識につながるから、よい仕事ができる姿勢ができてくるはずだろう。

 亀田部長は文章もジコチューだし、なんでもやっつけ仕事で終わらせちゃいますもんね。まあ、そういうのは若手の「クラゲ社員」にも言えることですけど。

 上司になったムラビトたちは、部下が提案した新しいビジネスプランを評価しなきゃいけないんだけど、ビジネスプランの評価というのはそもそも自分がビジネスプランを立てたことがある人じゃないとできないよね。ところが彼らは年功序列で地位が上がって、評価する側の立場に立っちゃっている。でも評価能力はぜんぜん持っていないので、彼らが部下のビジネスプランを評価しようとすること自体に無理があると思うよ。

 プレゼンテーション能力を磨くということは、ビジネスについての判断能力を磨くことにつながるんですか?

 そうだよ。どうしてかと言うと、プレゼンテーションを準備する時には、どうすれば相手に肝心な部分が伝わるかを必死で考えて工夫するよね。それをやった経験がある人は、他人の提案を見ても、「ああ、この辺が肝だな」とか、「こいつはちょっと詰めが甘いな」「ここにヌケがあるけど、このネックだけふさげばイケルかもしれないな」という感じで、提案の価値を見抜くことができるからだよ。

 逆にプレゼンをいつも避けている人は、他人のアイデアを「評価」すること自体を忘れてしまって、提案者に対する好き嫌いや、自分との敵対度だけを考えて態度決定してしまう。

 そうですね、なるほどー。だけど亀田部長のような決定権を持っている上司たちにそうした能力がないとすると、部下がどんなにいいプランを立ててもムダになってしまいますね。だいたい亀田部長たちはプレゼンを自分でやるどころか、黙って座っていて、やってくる新提案のあら探しをして潰すことしかしませんもんね。

 どうしてそんなことですむのかなぁ? ほんとフシギだなー。

 カイシャ共同体の中では、必死で新しいことを考えて提案しても「あいつは好きでやってるんだから」くらいにしか思われない。何もせずに人の批判ばかりして組織の生産性を下げていても、まったくとがめられない。むしろ提案して失敗したほうが、「波風立てて人様に迷惑をかけた結果がこれかよ」と評価がマイナスになってしまう。

 だったら、何も考えず、何もしないほうが賢いじゃん。

人間力とは、「大人になること」と見つけたり

sign.jpg

人間力とは、「大人になること」と見つけたり