HOME > オープンソース型ビジネスマン生きる道 > “オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 6-4

image50.JPG

「人間力」のプロになる

 「人間力」ですか。まだわたしにはよく分からない世界かなぁ。
 わたしもどうしてもジコチューなところがあるんですけど、どうすればコミュニケーションがうまくいくんでしょうか。

 フフフ、それを自覚しているだけでも偉いかもね。

 もしビジネスに必要とされる対人的な要素を「人間力」というのであれば、人間力の定義はこんな感じだと思うよ。

 まず前提として、さっき言ったように「相手を個人として認めてあげる」ことが大切なんだけど、それは相手を「自分と同じような心を持った存在」として認めてあげるという意味だ。

 そして「相手の心」に働きかけることができれば、相手を動かすことができるわけだから、ものを買ってもらったり、よいアイディアを出してもらえる、つまり仕事がうまくいく。それができるのが「人間力のある人」と言えるだろうね。

 人の「心」を感じるのが大切なんだ。じゃあ、相手の心にうまく働きかけるにはどうすればいいんでしょうか。
 そうだ、それを亀田部長に教えてあげれば問題は解決するじゃないですか。お願いします! 教えてください!

 エッヘン、人間力の基礎はすごく単純だよ。3つのポイントだけを押さえればいい。

2.gif

 まず、誰かさんみたいに、タコツボにこもって心を閉ざしたまま、ただ威張り散らしているようではだめだ。
 自分の心の窓を大きく開いて、みんなを広く受け入れようとすること。これがスタート地点だね。

 心の窓を全開にすると……わかりました。

 そしてその次に、何を言われても怒らないように、何があっても平静でいられるように、自分をコントロールしなきゃいけないわけだけど、どうすれば自分をコントロールできるか。

 それはリラックスすることに尽きるね。いつもリラックスしているように心がけること。

 亀田部長みたいにすぐに怒り出す人とは、話もできないですもんね。でも、リラックスって、どういうことなのかな。身体の力を抜くってことですか?

 ただ身体の力を抜いただけだと「脱力」だよ。身体の力を抜いた上で、自分の気持ちを前向きにしないと。「さあ、これからがんばるぞー」と思っているけど、力まずに力をスーッっと抜いた状態、それがリラックスだ。何があっても緊張しないことだよ。

 なるほど、分かりましたー。だけど、どうすれば「自分は今リラックスしているな」とか、「ちょっとリラックスが足りないな」とかが分かるんでしょうか? なかなか自覚できませんよね。

 それは、自然ににっこりと笑えるかどうかやってみたら判断できるよ。笑いが引きつっていたら、それはリラックスした状態とは言えないね。とにかく気持ちに余裕を持って、リラックスして仕事することが大切なんだ。

 それから3番目に、「相手の心」をよく観察すること。そして心から「相手の望みをかなえてあげたい」と思うこと、そのように行動すること。
 これがすべてだよ。

 まず心の窓を全開にするんですね。次にリラックスをする。そして相手の心をよく観察して行動する。それを同時に行えば、その時にわたしがやったことは、相手の心に働きかけて、相手を動かすことができるわけですか?

 「人間力」のある人の心の中の働きを、ものすごく簡単に説明すると、そういうこと。簡単なようだけど、難しいよ。どうしてかというと、働きかける相手は人間の心だから。心は目に見えないよね。見えないけれどビジネスのほんとうの相手はそこにあるんだ。
 そして人間の心くらい奥深いものは、他にないからね。

 ふーん。コミュニケーション能力って、突きつめるとそういうことなんですね。なんとなく分かります。おもしろいなあ。
 でも、これを亀田部長に説明しても分かってもらえるかどうか……やっぱりムリだと思います。何か他の説明方法ありませんか?

 これ以上は簡単に説明できないよ。かんべんしてくれえぇぇ。

 それじゃあ、“個無きじじい”とはコミュニケーションできないじゃないですか。

 世の中には、話の通じない相手もいるってことだよ!

■筆者より このページをご友人にご紹介ください
 いかがでしたか。このお話は、「おもしろい!」と賛同される方と、「なに寝言いってんの?」と無視する人にはっきり分かれると思います。ぜひ、このページをあなたのご友人にご紹介ください。BizTechをお読みの方以外にも、「おもしろい!」と思う人の輪をひろげられるとうれしいですね。でも、くれぐれも「地雷」を踏まないようにお気をつけて!

人間力とは、「大人になること」と見つけたり

sign.jpg

人間力とは、「大人になること」と見つけたり