HOME > オープンソース型ビジネスマン生きる道 > “オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 3-2

image36.JPG

改革意識を持たない理由

 ちょっと話が遠回りなので、ガマンして聞いてね。マリちゃんは、初詣に行ったかい?

 行きましたよ。わたし、海外生活が長かったので日本のお正月は楽しくて。友だちと明治神宮に行ってきました。

 明治神宮には毎年300万人も初詣に行くけど、あそこに祭られているのは明治天皇と皇后なんだよ。日本では天皇だけでなく、徳川家康や乃木大将のような人も、尊崇(そんすう)に値するほどの業績を残していれば神様になっちゃうね。

 これはね、政治学者の丸山真男先生が「政事(まつりごと)の構造」という講演で明らかにしているんだけど、日本の政治体制では、律令制の時代から現代まで、頂点にいるのは常に天皇だった。頂点というのは「権威」をもっているという意味。

 だけど実権は、官僚や武士や軍部がずっと握ってきたよね。つまり、天皇は統治者としての正統性を持っているけれど、中国の皇帝のように自分で政治を行うわけではなく、むしろ蚊帳(かや)の外に置かれていて、政治の実際は武士や官僚に任せてきたということだ。

 武士や官僚は自分たちのいいように政策決定を行って一般民衆を支配し、その結果を天皇に一応報告するけど、天皇は絶対に文句を言わない。常に聞き入れるだけ。つまり、実権を持っている武士や官僚にはチェックがかからないシステムなんだ。

3_1.jpg

 じゃあ、武士や官僚はやりたい放題ってことですか?

まあ、そういうこったな。だけど、武士や官僚が天下を取って実権を握っているから、天皇は彼らの支配権を認めるわけで、強い者に文句は言えないわけだ。

 幕末に蒸気船がやってきてどうしたらいいか分からなくなった江戸幕府は、朝廷に「開国してもよいでしょうか」と初めてお伺いを立てたんだよ。それで朝廷が「NO」と言ったら、幕府はつぶれてしまった。天皇が実権者に「NO」を言えるようになったら、このバランスは崩れるんだろうね。

 それと言っておくけど、これは天皇の人間性について話しているのではなくて、あくまでシステムとしてそうなっているという話だからね。歴代天皇の中には立派な人も少なくなかったと思うよ。親政をやろうとした天皇もいるし。

 ふーん。まあそのシステムはわかりますけど、日本全体の政治体制と、会社で不正がまかり通っていることと、何か関係があるんですか。

 うん、この話は続きがあるんだよ。このシステムで特徴的なのは、一部の特権階級だけが実権を握り続けるのではなくて、その権力がだんだんと下の階級に降りてくること、そしてまた外部に広がらずに組織の内部に集中することなんだそうだ。一部の特権的貴族だけがぜいたくをしていると、怒った民衆に革命を起こされて打ち倒されるかもしれないけど、下級武士や下級官僚までが権力者の一部だったら、なかなか革命は起きないだろ。

 実権をどんどん下にずらしていくことによって、だれも責任を取らずにすむし、だれにも恨みを買わない政治システムになってるわけ。どんな変事が起ころうと「柳に風」と受け流して天皇家は千年以上も存続したし、この国では市民革命が一度も起こらなかったという事実がある。これは実は、世界史的に見ても最も洗練された統治形態なのかもしれないよ。

 分かった! 会社でいうと役員だけがおいしい思いができるわけじゃなくて、管理職になったら社宅がよくなったり、接待費やゴルフの会員権が割り当てられたりするけど、そういうことがガス抜きになっているいうことですね。

 そういうこと。それに、欧米の企業に比べて日本企業では社長と平社員の間の給与格差が少ない。だからみんな共同体意識、身内意識を持っていて、なかなか「現状を変革しなきゃ」という意識を持たないんだな。そうした「権威をもっている人と、実際の判断をする実権を持つ人が違う」という仕組みを会社に当てはめたらどうなるかな。最近話した何かに似ていないかい?

 それは……そうかぁ、神輿(みこし)ですね!

 かつぎ上げられているのは社長とか役員で、権威しかない。実権があるのは神輿をかついでいるミドル。で、被支配階級はわたしたちみたいな若手社員や外部の協力会社ということですか。

 そう。それが、会社の中における天皇制、「カイシャ天皇制」なんだ。

 亀田部長が、自分のやりたいことを社長に吹き込んで、「これは社長のプロジェクトだから」といいながらやっちゃって、結局大失敗したことがあるんだよ。当然彼はおとがめなしだよね。だって社長が「うん」と言ってるんだから。つまり権威者を頂くのは、ミドルにとって自分の言い分を通すため、内輪の理屈を作るためにとても便利なわけ。

 ミドルが会社の中で磨くのはビジネスのスキルではなくて、「いかに権威を傘に着てやりたい放題をやるか」というテクニックなんだ。そのために、まず大切なのが組織への帰属意識。そしてトップの権威はなるべく大きく、実権はなるべく小さくすることによって、「自分たちの裁量を最大化する」のがミドルの目標なんだ。

3_2.gif

 もう、あきれて何も言えません……。





人間力とは、「大人になること」と見つけたり

sign.jpg

人間力とは、「大人になること」と見つけたり