HOME > オープンソース型ビジネスマン生きる道 > “オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 2-3

image31.JPG

かつぎ手になれるまでの10年は「ぞうきんがけ」

 そういうことだったんですかぁ。単なる“集団マゾ”じゃないですか。どうりで残業が多いはずですよ。やらなくてもいいと思うような仕事もいっぱいあるし。

 だけどこんなことをしてたら、「少しでも楽に安く仕事をしてもうけよう」という気持ちがなくなっちゃいますよね。ものを考えずに流れに流されていると、ビジネスマン個人としての競争力が磨かれなくて、人間的な成長も止まってしまうじゃないですか。そんなのつまんない!

 そういう人が身近にいるじゃないか。

 あ、そうか。ミスター・フリーズ! 亀田部長のことですね。それで部長はいいのかもしれないけれど、わたしは仕事をしていてもちっとも楽しくないんですけど。むしろ「こんな会社早く辞めてやるぅ」という思いが募るばかりで。

 仕事って、もっとやりがいのあるものだと思ってたんですけど…。

 それは、君がまだ神輿のかつぎ手になっていないからだよ。

 えーっ、わたしこれでもちゃんと仕事してるつもりなんですけど。マネージャーがわたしのことそんな目で見てたなんて。えーん。

 ちがうんだよ。会社組織を神輿に例えると、ワッショイワッショイ神輿をかついでいるのはミドルだけなのさ。ミドルだけが神輿である社長や役員を楽しくかつぐかつぎ手なんだ。

 君たち若手社員は、ミドルがうれしそうに神輿をかついでいるのを眺めている見物人にしか過ぎない。だからまったく楽しくないよね。株主も見物人なんだけどさ。ときどき見物人の中に神輿が突っ込んでけが人が出るなぁ。

 社長や役員はよほどミドルのかつぎ方が悪かったら人事権を使ってどやしつけるけど、そうでなければ自分たちの間の権力争いで忙しいから、ミドルのやることには何の注文もつけない。で、ミドルは若手社員をこき使って楽しく仕事ができるんだ。若手社員には10年ぐらいぞうきんがけをさせて、ミドルに反抗する気概がなくなった奴だけ、かつぎ手の仲間に入れてやる。そうやって目的もなくワッショイワッショイかつぎ続けているのが、日本の会社の現状ということだな。
image35.JPG
 げえー。10年間もぞうきん掛けなんて、わたし耐えられません。もうコピー取りも飽きました。いろんな事にトライしたいと思ってるのに。ここにいても成長のチャンスはないんでしょうか?

 そうだなあ、ビジネスマンは20代のうちにどれだけ自分で新しいことに挑戦して、ビジネスセンスをものにできるかが大切だと思うよ。

 シビアな経営感覚を身につけるには、プロジェクト・リーダーをやって自分でひと通りビジネスを回して帳尻合わせをすれば一番いいんだけど、そういう大きなチャンスは、よほどうまく根回ししないと回ってこないかもしれないね。

 そんなー。ばかばかしい社内根回しのテクニックなんて、わたし身につけたくないんですけど!

 若手社員だっていいアイデアを持っているはずなのに、ミドルは全社的な知的生産性を最大化することを考えず、「若い者のアイデアなんか最初から聞く値打ちがない」とばかりに握りつぶしてしまう。知的な生産には向かない組織だよね。

 結局のところたいていのサラリーマンは、責任はとらないし、目的もないし、みんな黙ってひたすら仕事の苦しさに耐えている。いい仕事をしたとしても報われないし、失敗したとしても罪は問われない、それで月給がもらえれば文句は言わないってこったな。それが神輿をかついでいる日本のカイシャの、正しいサラリーマンの姿だというのが一般的認識と言えるだろう、うん。

 キャー! そんなところにいて、わたしの人生この先いったいどうなるのーっ!


◆読者アンケート◆

 前回、いただきましたご投稿の中でテーマに合ったものにつきましては、順次ご紹介させていただきます。

 引き続き、「職場でのコミュニケーション不全がもたらす問題」「職場における不正行為」「商売センスのなさ」「顧客無視」といったテーマで、投稿をお待ちしております。

 また、亀田部長のような「化石体質のおじさんたちの呼称」も引き続き募集します。【募集は終了しました】

人間力とは、「大人になること」と見つけたり

sign.jpg

人間力とは、「大人になること」と見つけたり