HOME > 「慮る力」単行本 > ジャーナリスト

「慮る力」単行本 人間力とは慮る力

「慮る力」目次はじめにヘイコンサル安全運転中央研修所|プロの心構え|相手の心を知る|プロの仕事をする

N自動車販売富士ゼロックス|T社|KO百貨店|ジャーナリスト|デルコンピュータ|和幸|N住宅産業|再就職支援会社
|パイオニア|日本航空|公益社|ザ・リッツ・カールトン大阪|千葉夷隅ゴルフクラブ|ザ・クラブ|医師|千宗室

ジャーナリスト
市民の代理人として取材対象にアタックする 2

日本ビデオニュース社長
神保哲生


*素材を見て、瞬間的に皿に載ってるイメージが見える

 そして、いいジャーナリズムというのは食べ物と同じで、面白くなければならない。おいしくないものはいくら栄養があってもみんな食べようとはしません。いいジャーナリズムであれば、、喜怒哀楽の面白さと興味深さに加えて、「なるほどこういうものがあるのか、いい話を聞いた、よかった」という要素が必要でしょうね。
 食べ物を食べる本来の目的は栄養をつけるためなわけですから、本来の目的である栄養がなければなりません。栄養のある材料をどうおいしく料理するかという組み合わせを考えるべきなのです。

 テーマを選ぶときには、「いかにして多くの人にこれは自分の問題なんだと思ってもらえるかどうか」が非常に重要だと思います。なぜならば、多くの人がほんのちょっとでも動けば、山全体が動くからです。
 五年前から取り組んでいる対人地雷についての報道で、僕がこれを取り上げようと思った決定的な要素は、「日本が一〇〇万個の地雷を保有しているという事実を聞いたときでした。それを聞いてぼくは驚いたし、それならみんなも驚くだろう、そして地雷というのは「対岸にかわいそうな人たちがいるね」という話じゃなくて、「我々が当事者なんだ」というところがテーマ選定として一番重要なことだったわけです。
 テーマにはローカル・アングルが必要で、それがなければ見てもらうことができないと思います。それも「同じ人間としての問題だ」というのではまだ遠くて、自分の住んでいる地域や街の出身者が絡んでいるというところがなければならないと思います。

 ネタを掘り起こすためには、アンテナはたくさん出しておきますが、「この辺に情報がありそうだな」というような嗅覚ではあまり行動していません。僕がそう思うのなら、他のジャーナリストもそう思うに決まっているから、そこから出てくるものはたいしておいしいものではない。
  全然そういうところではないところに、自分しか気がつかないネタの入口があるんです。そこから掘るからジャーナリストとしての独自性を伸ばすことができるのではないでしょうか。自分の普通の生活をしていても、自分と同じ生活をしている人はそうそういないはずですから、そこで触れる情報は自分だけのものなわけです。そこにはなんだかんだ情報があるでしょう。

 運に加えて、実はネタというのは本当はいくらでもあるんです、ただ気がついてないだけでしょう。そのネタをおいしい料理として提供できると思うのは、一瞬のことですよ。素材を見て、瞬間的に皿に載ってるイメージが見えるときがあるんです。
「これは栄養がある材料だけれど、うまく料理するのが難しい」と思っている、けれどたまたま横にある素材をつけ合わせとして並べてみると、「これはいける」。読者や視聴者が、ナイフとフォークで食べているところや、箸でガツガツかき込んでいるところが目に浮かぶわけです。
 逆に、「この材料を何とか世に出せないかな、これで何をつくれるだろうか」とぐずぐず考えているような場合は、結局料理についての判断力がないので、本当は刺身の方がうまいのに煮てしまったりして、結局うまくないでしょう。
 そのように「このネタで行ける」と考えたときには、皿の上に乗っている料理がわかるだけではなく、レストランのテーブルクロスのガラまでわかっていると思います。
 つまり、「僕はこんな料理をつくるんだ」という、自分としておもしろい仮説を立てているわけで、それに沿って取材を始めるわけですが、その仮説の方に「なんとか持っていこう」とする必要はありません。むしろ十中八九そうはならないわけで、仮設はぐるぐる変わっていくし、自分でも意図的に脱皮させていくわけです。
 しかし、その最初に立てた仮説の中で「面白い」と思う理由がその過程で消滅してしまうと、その取材は外れなわけです。そういう魅力的な仮説を立てられるというのが大切だと思います。


b.pnga.png

▲ ページトップへ

『慮る力』 お断り この本の目的は、純粋に「ビジネスマンの意識」について論じたものであり、いかなる商品・サービスの購入、団体への加入をも推奨するものではありません。また本書は、あらゆる商品・サービスの宣伝、宗教・政治など諸団体の活動とはまったく無関係です。この本は2001年に取材したものであり、内容が古くなっている可能性があります。

人間力とは、「大人になること」と見つけたり

「人間力」エピソード101本

人間力とは、「大人になること」と見つけたり