仙波敏郎愛媛県警巡査部長に聞く「警察裏金告発の行方」

「正義の人」 シナリオ版「仙波敏郎物語」 

登場人物表 




 仙波敏郎
正義感の強い警察官。高い知力と身体能力、正常な価値観を持ち、常にトップの成績をあげるものの、警察の裏金づくりに協力しないため巡査部長から昇任しない。警察の不正をただすため、全警察官の中でただひとり実名告発し、弾圧に負けず巨大組織と戦う。

 東(ひがし)玲治
元新聞記者で雑誌発行人。ジャーナリスト魂を持つ硬骨漢。県政の裏も表も知り尽くしており、仙波とのコンビは最強タッグ。仙波の高校同級だが、告発直前に初めて知り合い、その後仙波に伴走して仙波の闘いを支え続ける。

 女性弁護士 古茂田
仙波の長男の弁護を依頼されて仙波と知り合う。行政を監視する市民オンブズの弁護士として活動していて仙波と再会し、裏金問題を記者会見で告発するよう仙波に依頼。大弁護団を結成する。

 仙波八重子
仙波の妻。動物好きでおしとやかな女性。ペットの犬が盗まれたことをきっかけに仙波と知り合い結婚する。にぎやかな家庭を築くが、長男の事件を哀しみつつ、ガンで早世する。

 仙波王仁(おうじ)
仙波の長男。仙波に自分の思いをきちんと主張するよう教育される。消防署のレンジャー部隊に勤務するが、休みを取ることが問題視されて周囲と対立。横暴な署長を誤って刺殺してしまう。

 正岡
愛媛テレビ記者。元大洲警察署会計課長のタレコミから県警の裏金問題を知り、報道して裏金問題に火をつける。

 菅
仙波と警察学校の同期。仙波にある程度の理解を示す。市駅前交番で仙波と同僚。総務部会計課のとき本部長と一緒に仙波と会う。地域課長の時仙波の告発を止めようとして説得するが、これが警察側敗訴の遠因になる。

 白石
仙波と警察学校の同期だが、出世するにつれて次第に仙波と対立する。市駅前交番で仙波と同僚。警察署長として仙波と議論。仙波の告発時に総務室長として対策にあたる。その後警察学校長。

 土井
仙波と警察学校の同期。警部になったとき、部下の不祥事に巻き込まれ、県警の裏金隠しのため、スケープゴートにされて退職を余儀なくされる。

 小林
警察官僚。愛媛県警本部長として出向中に仙波たちと会う。その後出世して警察庁長官官房長の時に、警察の裏金が全国で問題になり、司令塔として問題もみ消しにあたる。

 鈴木
愛媛県警本部長。警察庁に戻って出世することしか頭にないが、県警の裏金問題、仙波の告発、それに続く国賠訴訟に後手後手に対処し、翻弄され続ける。

 河野
警察と仲良くしたい県会議員。なぜか仙波の高校同級生の飲み会に紛れ込んでいて、仙波が裏金を告発しようとしていることを知り、告発の可能性を総務室長の白石にたれ込む。

b.pnga.png