仙波敏郎愛媛県警巡査部長に聞く「警察裏金告発の行方」

仙波敏郎 愛媛県警巡査部長に聞く「裏金告発の行方」

「警察全員が犯罪者」という信じがたい事実

愛媛県警巡査部長
仙波敏郎 氏  

仙波  それから僕が告発をして「捜査費はすべて裏金になっていますよ」と言って、講演などで話しても、最初はとても信じてもらえませんでした。

運営者 わたしもとても信じられませんでした。でも仙波さんが言っているのだから「そうなのだろう」としか思えません。
 つまりね、警察というのは、実際的にも、精神的にも、市民の安全を保証する拠り所なんですよ。そこがね、そこまで腐敗していて、まったく頼りにならないところだとは、誰も信じたくないじゃないですか。「警察はちゃんとやってくれているんだ」と信じていたいんですよ、われわれは。

仙波  ある男性は私の話を聞いて、「コイツはウソついているのだろう」と思ったそうなんです。
 1年後にまたその人が講演会にやってきて、最後まで残って講演が終わると私のところに来て「仙波さん、今日はお断りをしたかったんです。以前仙波さんの話を聞いたときに、警察官全員が裏金をつくっている、ほぼ全員がニセ領収書を書いてるんだ。全員が犯罪者なんだ」というお話をうかがった時に、「とてもそんなことはあり得ない。駐在所のお巡りさんまでもがそんなことはしないだろう」と思ったそうなんです。
 その直後にたまたま定年退職した仲の良いお巡りさんに会ったそうです。それでそのお巡りさんに「この前仙波さんの話を聞いたら、みんなニセ領収書を書いていたと言っていたんだけれど、いくらなんでも、そんなことはないでしょう」とたずねたら、「それはお前、領収書を書かん仙波の方がおかしいんだ」と言われたそうです。
 それでその人は、「私は仙波さんの話を信用しなかったけれど、疑った私が申し訳なかった。謝りにきました」ということだったんです。

運営者 この状況はなんとかしなければ、納税者としては、たまりませんよ。とんでもないことだと思います。

仙波  それを一番に考えなければならないのは、知事や県議会でしょう。

運営者 警察が自分で自分の組織や制度を変えることはできませんからね。そのあたりのオール与党体制の愛媛県議会や、監察がどのようにこの問題に対処したか、いかにやる気がなかったかということは、東さんの著書『ドキュメント仙波敏郎』の中にすごく詳しく書かれていて、しかも本質的な問題もズバリと指摘されていてとてもよい頭の整理ができました。
 この中に、県の公安委員長が議会での答弁として、「仙波さんが行った告発は、内部通報者保護制度の手続きに則っていないので、内部告発とは認識していない」という答弁を行っていたとありますが、頭がおかしいのではないでしょうか。こんな公安委員長即刻クビですよ。

仙波  答弁の下書きをするのは県警ですからね。
 しかしこの公安委員長は、たまたまJR松山駅で会った時に、「仙波さんのようなことは私はできません」と言ってくれました。
 告発すら認めていない人間が、そんなことを言うというのはどうなんでしょうね。最初は「仙波さんに話を聞いてみたい」と言っていたのですが、結局は話を聞こうとしませんでした。それなのに、急にそんなこと言われてもねえ。

運営者 弱りましたね(笑)。

仙波  だけどね、こういうことなんですよ。公安委員長はその時もうすでに辞めることになってたんです。「裃を脱ぐことが決まった人間は素に戻る」んです。

b.pnga.png