仙波敏郎愛媛県警巡査部長に聞く「警察裏金告発の行方」

仙波敏郎 愛媛県警巡査部長に聞く「裏金告発の行方」


 

冤罪 シロをクロに持っていく理由

愛媛県警巡査部長
仙波敏郎 氏  

仙波  われわれの会社では、「疑いをかけられる人間には責任がある」と思われているんです。
 刑事訴訟法の逮捕要件では、「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるときは、裁判官のあらかじめ発する逮捕状により、これを逮捕することができる」とあるんです。
 裁判官も、われわれが書いた書類を信用しますから、逮捕状を出します。検察庁も、難しい事件の場合は当然協議をして、「これは起訴できます」と抱き込もうとする。そうやって逮捕した人間がシロだとわかったら、裁判所に対しても検察に対しても、警察の面目がないじゃないですか。そうなったらクロに持っていくしかないんです。
 たとえ冤罪であっても刑訴法の「疑うに足りる相当な理由」という大義名分があったので警察には責任はないのだとの言い分は、富山の強姦事件や志布志の選挙違反事件でも使われてますよね。どちらも無罪になったこれらの事件でも、警察に責任はないと言うわけですよ。だから国家賠償訴訟を起こしても、被害者が勝つことは非常に難しい、厳しいですよね。

運営者 いずれもひどいケースですよね。

仙波  ちょっと話をわかりやすくしてしまいましたが、その辺の判断ができない捜査の責任者が多くなっています。
 というのは、ほんとに捜査能力があったら、一所懸命裏金をつくって上納したり、ゴマをすらなくてもいいじゃないですか。だけどみんな裏金を作ってるんですから。

運営者 ということはふつうの警官は、組織がすでにそのように動いているのであれば、自分一人が「それは違う」と言わないほうが無難だろうと。それでいいんだと、それで無実の人が有罪になろうが知ったことじゃないんだ、と思っちゃうわけですね。

仙波  「疑われるようなことをしたお前が悪い」ということなんです。富山の事件だって、真犯人が出てきたから冤罪が発覚したけれど、それでも誰も謝らないでしょう。志布志事件もそうですけど、手をついて謝るべきですよ。
 高知や愛媛で起きた白バイ衝突事件でも言えることですが、私は現場にいたわけではありませんから隠蔽の事実があったかどうかは分かりませんよ。でも警察は組織防衛をすることがあるんです。身内をかばって、真実に反して罪のない人の罪を着せてる。「なぜ責任を感じないのか」と聞いても、警察はだれも責任を感じないんです。もう、がんの末期症状に近いと思いますね。

運営者 だって裁判所の刑事事件の考え方は、そこに被害者がいる限り誰かが責任を負わなければならないという被害者救済の立場に立って考えるはずですよね。
 富山の事件の場合は、実際に冤罪で2年半くらい服役してるわけじゃないですか。だれか原因になった者がいるはずですよね。どうして警察は「それは自分ではない」と言い張ることができるのか。どういう神経なのか理解できません。

仙波  僕のような感覚の持ち主が希少なんでしょうね。

運営者 ちょっと待ってください、その逆で仙波さんのような人が大多数でなければ成り立たないんじゃないですか、警察は。

b.pnga.png