仙波敏郎愛媛県警巡査部長に聞く「警察裏金告発の行方」

仙波敏郎 愛媛県警巡査部長に聞く「裏金告発の行方」

警察の能力は低下している

愛媛県警巡査部長
仙波敏郎 氏  

仙波  もうひとつ伺いたいのは、僕は組織に属していませんから、警官にとって警察組織という拠り所を守ることは、そんなに大切なことなんでしょうか

仙波  みんな自立心がないですから、この職場を離れたら飯が食えません。再就職の世話もしてくれるし、警友会に入れば、定期的に講演会をやったり忘年会をやったりして集まる。年に何回かの総会の時には昔話に花が咲くんですよ。死ぬまで縁が切れない、切りたくない。

運営者 給料から楽しみから、すべて組織を通してやってくるわけですね。

仙波  「黙っとったらええんや。裏金づくりに協力すればお前らの将来は保証してやる。昇任もさせてやる」ということです。さすがに署長になりたいと思ったら、昇任試験の問題を金で買ったりしなければなりませんがね。警察の能力は低下している
 宮城県の元県知事の浅野史郎さんにお会いする機会がありましてね、そのとき浅野さんが、私のことを「全国でただ一人の正義の警官」と呼んでくれましたが、彼が雑誌の対談で「仙波さんは昇進していない。普通の人でも警部補くらいにはなっているだろうに」と言ったら、対談相手の元道警の原田さんは「いや、普通以下の人も警部補にはなっているでしょう」と言っていましたね。
 それを読んで、「普通以下の僕は何なんだろう?」と思いましたけどね(笑)。

運営者 警察の能力は低下しているのですか?

仙波  完全に低下しています。
 一番大事なのはね、捜査能力の中で擬律判断といいまして、これが何罪に当たるのか、事件として成立するのかを判断する能力なのです。
 何罪にあたるかということは、だいたい分かるのですが、告訴告発事件のときに、民事とすれすれの場合に判断ができない人が多くなっています。だから告訴告発事件の門前払いが多いんじゃないかと僕は見ています。

運営者 判断能力に欠けるというのはマズイですよね。

仙波  桶川のストーカー事件なんか、まさにそうでしょう。被害者が犯行前に「名誉棄損でなんとかしてください」といっても、「いや、こんなものは事件じゃないですから」と門前払いですからね。
 それから肝心なことは、「この男が犯人かどうか、起訴できるかどうか」の擬律判断ができなければなりません。
 件数だけはノルマがありますから「行ける」と思ったら逮捕します。そして一度逮捕したら、完全にシロとわかってもそのまま行きます。釈放しません。

運営者 誤認逮捕であることが分かっても釈放しないということですか。それは冤罪じゃないですか。まずいじゃないですか

b.pnga.png