コーチングは日本の「やる気」を呼び起こすか

旧日本人を変えるための「最後の手段」  コーチングは日本の「やる気」を呼び起こすか

本間正人氏  


運営者 ぼくの分類する新日本人と旧日本人であれば、50代のガチガチで変われない人たちというのは「旧日本人」になるわけですが、彼らは論理性や目的性に非常に欠けているんです。
 それから向上心が欠けていて、「自分はよりよい仕事をつくっていかなければならないんだ」という考えがない人たちの場合ですよ。
 そういう人に対してはですね、コーチングの本に書かれているようにスムーズなやりとりで彼らの考え方を修正するというのは非常に難しいのではないか。つまり、そもそも論理性や目的性をある程度自分の中で備えていてもらわなければ、なかなかコーチングを使ってもうまくいかないのではないかという感じもするんですけれど・・・。
 意地悪な質問のような気がしますが、でもこれはぼくにとっては切実な問題なんです。

本間  ・・・そうなんですけどねぇ、論理性や目的性の欠如と言ってしまうと、それは「あるかないか」というデジタルの考え方になってしまう。現実的にはその中間派の人がいちばん多いはずなんです。つまりアナログというか、程度問題なんですね。
 だから大変頑固な人でも、少しくらいは論理性や向上心を持っているわけです。ぼくはそこに期待するんです。それはもう信仰に近いかもしれません。それを前提条件としてぼくはやっているということです。

運営者 どんな人でもほんの少しは持っている論理性や向上心を金平糖の核にしてそこに砂糖をまぶしていくということですね。
 しかしぼくはどちらかというと、そこに砂糖をまぶすコストが高いのであれば、そいつをその立場から追い出した方が早いのではないかという考え方なんです。だから「旧日本人はパージ!」という主張になるわけなんです。

本間  マネージャーとしては、最終的にはその選択が必要になるかもしれません。部下に何度かコーチしたけれど、結局変わらなければ、「その場を去ってもらう」ということも選択肢のひとつです。ただし、ただ「切る」だけではなくて、辞め際のコミュニケーションの巧拙というのもあります。
 例えば店長がアルバイトに辞めてもらうときに、「あなたのことをうまく指導しようとしたけれどできなかった、それから自分は学んだことがある・・・」というように話をすれば、去っていく人にとっても何かプラスが残るかも知れません。
 単に切ってしまうのではなくて、「切るために打てる手はすべて打つ」というふうに考えることが大切だと思うんです。それが、人を変えるのではなくて、その人の行動パターンを変えるということにつながっているんです。

運営者 よくわかります。ただし行動というのは意識に支配されているとぼくは考えていますから、意識が変わらなければ行動は変わらないだろうと思うんですが。

本間  そこはね、行動から意識を変えるという逆の方向性もあるんですよ。

運営者 確かに。そう考えるとコーチングは、旧日本人を新日本人的に変えるためのいちばん有効な手段のような気もするんです。もう最後の手段のような気もします(笑)。


(この項終わり)

b.png