コーチングは日本の「やる気」を呼び起こすか

専門職ルートとしての社内コーチの可能性  コーチングは日本の「やる気」を呼び起こすか

本間正人氏  


本間  マネージャーと同じ数だけ社内コーチがいるという理想的なところまで行かない場合には、今は産業カウンセラーを置いている会社が多いですけれど、それと同じような形で社内コーチをひとつの専門職ルートとして確立するという方法も考えられます。
 研究職とか営業のスペシャリストという専門職があるように、「コーチ職」というルートがあって、管理職というポストにはつけなかったけれどそこそこの年齢に達した中で人の中で、「この人は営業は得意でなかったけれど人を育てる適性はある」という人材を社内で選抜し、しっかりトレーニングを行なう。そして、サインアップシートを作って予約制で社内から広く、色々な人のコーチングをしてあげるという形にすれば、伸びていく人はどんどん伸びるし、伸び悩んでいる人も壁を越えられるということがあるんじゃないでしょうか。
 ベテランの人材の有効活用につながり、本人のやる気も高まる
 若手社員の問題解決や能力向上、中堅社員の目標達成、ベテラン社員のモーティベーション向上など、さまざまなサポートができ、管理職の負担を軽減できる
 管理職や専門職に対してコーチングを行なうことで、パフォーマンスが上がる
 などといった効果が期待できます。

運営者 そういえば銀行なんかでも、「あそこの銀行の支店長は営業成績はよくないけれど、人を育てることにかけては一流でだれにも負けないんだよ。だから今ひとつ伸び悩んでいる奴は、その支店長の下に回すと育つんだ」なんて話を聞きますよ。そういうタイプの人がだいたいどこの銀行にもいるみたいなんですね。

本間  そうなんですよ、本当に。

運営者 それって何か、無駄のような感じもしますが。

本間  支店長をやらせておいたら無駄なんでしょうね。支店長としてのパフォーマンスがそんなに高くないのであれば。しかし、やはり企業にとって人的資本を成長させるというのは大変大切なことなんですから、その人の報酬は支店長クラスにしながらも、人材の指導に専念してもらうという手はあると思いますけどね。

運営者 それでその社内コーチについてもう少し詳しくうかがいたいのですが、社内でコーチをするためには、まず資格を習得する必要があるのでしょうか。

本間  アメリカではすでに資格制度ができています。CICC(CICC = Certified Internal Corporate Coach)とういう資格を持った社内コーチが、IBMには100人以上いるようです。

運営者 そうすると、日本でも社内コーチをやっている人は、その資格をアメリカまで取りに行っているんでしょうか。

本間  まだ取っている人はごく少ないと思います。語学の問題もありますし。

b.pnga.png