HOME > インタビュー・コーナー > 自衛隊vs.人民解放軍 我らもし闘わば > 20

石垣島はあっさり中国のものになる

ジャーナリスト 芦川淳 氏

21.JPG

芦川 例えば半島でドンパチやっているときに、突然、石垣島でも宮古島でもいいんですが、先島諸島のひとつに中国兵というか中国人が10万人ぐらい船でやってきて上陸、でも何もしない。ケンカもしなければ、どろぼうもしない。ただ押し合いへし合いして、その場を占拠する、そんな状況が出てきたら、それは果して侵略なのでしょうか。それとも難民なんでしょうかね?

運営者 一応、不法侵入でしょうねえ。侵略じゃないんでしょうな。法的には、強制退去させることはできるでしょうが。

芦川 強制退去させたいですね。そこは日本なんですから。でも実質的に逮捕したところで拘留も無理だし、連行だってできないですよ。なにしろ相手は10万人もいるんですから、激しいブーイングに警察が怯むケースだってあるでしょう。じゃあ、10万人が大げさなら1万人だったらどうなのか? 100人なら? どこがミニマムなのか?
 リアルな話を想像してみましょう。石垣島の港で夏祭りをやっているときに、100人からなる中国人武装集団がやって来て銃を島民に突きつけました。これは侵略ですか? 制服も階級章もついてないから、単なるテロ集団? 自衛隊は? 警察は?

運営者 何らかの違法行為ではあると思いますが。でも侵略だと定義されなければ、防衛出動が認められませんよね。

芦川 その時に問題なのは、死傷者が出ていないということです。自衛隊は国民の生命財産を守ることになっていますから、何か財産が壊されたりしなければ、自衛隊は簡単には出動できない形になっています。常になにか起きてから、あるいは犠牲があってからでないと、それを侵略行為として定義できないかのようなシステムになっているわけですよ。

運営者 総理大臣が「これは侵略行為である」と定義して防衛出動させることは、おそらく可能でしょう。

芦川 もちろん総理大臣の権限としてそれは可能です。でもそれは、時の政権が、「俺の責任だ、腹を切ってでもやる」と言い切れないとダメでしょうね。「事実確認を急がしている」とか「詳細は不明だ」なんて言ってるようではダメダメですよ。

運営者 柳腰外交じゃ、やらないでしょうね(笑)。

芦川 阪神大震災の時に、八尾駐屯地の司令が「自分の腹を切る」と言って、偵察部隊を訓練名目で出動させたりしましたが、本来なら事案発生から即時に、行政からそういうアプローチがなければいけないんですよ。結局、時の社会党政権にはそういった能力が欠如していたわけですが、それは歴代の政権でも似たり寄ったりですね。

運営者 確か、阪神大震災の時は、「自衛隊を出動させたらどうか」という進言を貝原兵庫県知事が断ったちゃったんですよね。あれは佐々先生がずいぶん憤慨していました。

芦川 あれから10年以上たって、現職の社民党女性議員が「阪神大震災の被害は、自衛隊の出動が遅れたから拡大した」と自身のブログで書いていましたが、それを読んだときに危うく罪もないPCのモニターを壊しそうになりました。
 そういえば、函館のミグ25亡命事件のときもそうでしたね。函館駐屯地の司令が「自分の腹を切る」と言って独断で臨戦態勢にしたわけですが、政治が現場にそんな独断専行をやらせちゃマズイですよ。

運営者 あのミグ25の事件では、西側陣営は当時のソ連の最新鋭戦闘機をまんまと入手して大騒ぎになってましたが、日本はこれをどう扱っていいのか国内での法律がなくて困ったそうですね。最終的には遺失物ということで扱ったらしい。忘れ物扱いということです(笑)。

芦川 函館駐屯地と言えば、北海道がソ連に攻められたときに、北海道の最後の砦になる駐屯地ですよ。それこそ最前線部隊のしんがり役だったわけですから、部隊も精強で武器弾薬も揃っていました。八尾駐屯地も関西地区の陸上自衛隊航空部隊の中枢ですから。情報収集のためのヘリコプターが多数ありました。これを有効活動していれば、確実にもっと被害を減らすことができたでしょうね。
 装備や人員がいてもそれですし、自衛隊側がいくら出動できる仕組みを整えても、政治決定の速度が相変わらずダメダメなので、なんといもいえない残念な気持ちになります。
 それで話を元に戻せば、先島諸島にはそういう実働部隊の影も形もないんです。いまあるのは、自衛官を募集する地方協力本部の出先事務所がポツンとあるだけです。装備と言ったらジープが一台だけ(笑)

運営者 まずいですね。そうすると4万5000人も人口がいるのに、無防備島になっているわけですか。


「人間力」とは

p1.jpg
人間力★ラボ
sign.jpg