HOME > インタビュー・コーナー > 自衛隊vs.人民解放軍 我らもし闘わば > 16

台湾周辺で中国空母は撃沈される

ジャーナリスト 芦川淳 氏

17.JPG回天

芦川 なんと表現していいのか難しいんですが、中国軍には底力がなさそうなんです。軍拡の流れに乗っていますが、台湾攻略以外の目的感となると、ただ力を増すだけで兵站とか後方装備とかがぜんぜん揃っていない印象を受けます。
 戦闘機にしたって、最新鋭機が400機あっても全機が出撃できるわけではないんです。出撃できる能力を持っているのは全体の3分の1程度と見るべきで、それにしたってパイロットの練度や戦闘を支える裏のシステムに注目すれば、正直言ってどうかなー?って感じで。
 
運営者 それは自衛隊だって一緒じゃないですか?

芦川 いやいや、手前味噌になっちゃいますけど、自衛隊はそのあたりの考え方は意外としっかりしていますよ。ない金を絞るようにして工夫して、装備もいいものを持ってますしね。
 AWACSも空中給油機も保有しているし、長く運用の実績のある防空網もある。中国のそれはまだまだ未熟で、いまの段階では台湾に攻めていっても現地で戦い続ける能力はありませんよ。つまり航空機の保有数の問題ではなくて、戦闘にしっかりと投入できる数、トータルでの戦力の問題なんです。台湾というのはそう言う意味で言えば、非常に守りに堅い、いい地理的な位置にあると言えますね。

運営者 へえー

芦川 結論から言えば、現状では中国は簡単には台湾を攻めきれません。だから中国は必死になって空母を戦力化しようとしているわけです。空母がなくても、中国は台湾海峡の西側、つまり大陸に近い部分の制空権はがっちりと確保できます。しかしそれ以上は無理です。台湾の地対空ミサイルの届く範囲では、中国の航空兵力は自由に動くことができません。
 でも空母があれば話は違ってきます。

運営者 空母が台湾海峡に回った瞬間に制空権は取れるということですか。

芦川 うーん、それは違います。
 仮に台湾海峡に中国の空母が入ったとしましょう。このとき、空母は台湾海軍の潜水艦による攻撃と機雷の恐怖に怯えることになります。空母は戦略兵器に近い力を持っていますが、それ自体はまともな防御力を持っていないので、常に敵の脅威を排除したところで活動をします。
 台湾海峡に中国の空母がいれば、その空母は台湾によって撃沈される可能性が非常に高いと言えるでしょうね。台湾の潜水艦は老朽化していますが、哨戒線を張って空母を待ち受けるのは難しいことではありません。攻めてくる側の動きは、守る側はよく知っているわけですから。空母が絶対にここを通るということがわかっていれば、待ち伏せするはずです。
 また、台湾空軍機が対艦ミサイルを搭載して、空母を迎え撃ったとすれば、離陸から攻撃までの時間の少なさが、逆に中国の空母にとってのアキレス腱になりますね。リアクションがとれない可能性大です。 
 それに陸上部隊の上陸を阻止するために、台湾海峡には濃密に機雷が設置されることになると思いますが、必要以上に台湾島に接近すれば、浮遊機雷ですら空母にとって脅威になります。中国の掃海能力は高いレベルにはないので、機雷に対する脅威は消えないでしょう。

運営者 聞いたことないですもんねえ。
 ということは、空母は関係なしに、中国はすでに台湾海峡側の制空権は持っているということですな。
 
芦川 ところが台湾は、背面が太平洋に開けていて補給線が容易に確保できます。これは非常に心強い。また、中央に高い山脈があるので、西から攻めると東部まで攻めきれません。仮に台湾の西側の平野を台湾政府が一時的に放棄したとしても、陸路でそれを追撃するのは非常に難しいんです。
 中国軍が山岳部を進もうとしても、台湾の東側の基地から発進した台湾空軍機による攻撃を受けますし、台湾軍の砲兵部隊は、山岳部に隠された陣地から次々と攻撃を行い、中国の追撃部隊を叩けます。

運営者 それらの空港さえ台湾軍が確保していれば、制空権は持ち続けるられるということですね。政府機能も花蓮の方に移すと。

芦川 そうです。緒戦で中国は、台湾に向けて百発以上の短距離弾道ミサイルを撃ち込む可能性があると言われていますが、弾頭重量が500kg程度、それに運動エネルギーが加わるとしても、航空機による集中的な空爆に比べると効果は限定的になります。
 大量のロケット兵器になる戦略爆撃というと、第2次大戦時にV-2ロケットを使ったロンドン攻撃が知られていますが、弾頭重量1tで500発ほどがロンドン市内に打ち込まれて2700人ほどが亡くなっています。もちろん都市機能の完全破壊には至っていません。
 史上最悪の虐殺である東京大空襲のときには、一晩で1780tあまりの爆弾が投下されて、爆弾の数ではおよそ38万発となっています。これだけの量をたった一晩でばらまいたから10万人もの死者が出たわけです。しかも木造家屋の密集した地域を低空から徹底的に攻撃したんですからね。
 
運営者 ミサイル攻撃より、そっちの方がよほど破壞効果があるという感じがしますね。ということは、中国はミサイルだけでは台湾を攻めきれないわけだな。


「人間力」とは

p1.jpg
人間力★ラボ
sign.jpg