HOME > インタビュー・コーナー > 「国防」について考えてみよう part2 > 米軍は絶対沖縄を手放さない

「国防」について考えてみよう part2

ジャーナリスト 芦川淳 氏

米軍は絶対沖縄を手放さない

ジャーナリスト
芦川淳 氏   

運営者 じゃあその話はちょっと置いておいて、新装備の話はわかったので、今度は沖縄についてお話をうかがいたいのですが、日本にとって沖縄というのは防衛上どういう意味を持つでしょうか?

芦川  縮図ですよ。難しい問題が全部詰まっていて、沖縄を理解できれば日本の国防問題は理解することができるという感じです。沖縄そのものが「防衛白書」を読むようなものです。
 安保問題、地域協定、軍と民の共生、治安維持、政治とカネといった問題がすべてそろっていますから。

運営者 沖縄を見てわかる日米安保の問題とは?

芦川  日米安保の根底にあるのは、「アメリカが日本を必要としている」ということです。沖縄も、その位置そのものが大切なんです。米軍にとっても中継基地であり兵站基地。そこから遠征できるわけですから。

運営者 不沈空母であるということですね。

芦川  そうです。日本本土よりも基地警備がしやすいし、空港もいっぱいあるし、米軍は絶対沖縄を手放さないでしょう。そのくらい沖縄は重要です。

運営者 それとスービックがなくなって、韓国からも米軍が撤退するということになると、ますます重要度が増しますよね。

芦川  アメリカにとってみれば、「アジアに対して突き出た角」というのが沖縄の役割なんです。一番の前線ラインです。

運営者 じゃあ安保はアメリカのほうが必要としているという結論で、地域協定の問題は?

芦川  地位協定を受ける側として一番大事なのは治安維持です。沖縄で起きたいろんな事件を精査していくと、最終的にはバカな米兵が暴れているという至極シンプルなものが見えてきます。
 これさえ何とかできればよいわけで、その抑止になるのが、やはり取り締まり能力の強化です。友好的な取り締まりができていないから問題になっているわけで、日本の官憲が、犯罪を犯しているアメリカ兵を見たらすぐにブチ込んで日本の刑法で処罰できなければいけないですよね。これは絶対に必要です。
 とにかく治安維持、そこで暮らす人の生命と財産の安全が保てなければなりません。

運営者 それが世界中で問題になっているわけですが。

芦川  アメリカ本土から、沖縄に来て初めて海を見たような米兵がやってくるわけです。彼らは軍が守ってくれなければ軍務を安心して遂行することができません。このメンタリティーを理解してやることも必要です。敵国に来たわけではないのに、外国に来て悪いことをして捕まっているわけですから。これはアメリカ国内と同じ程度の厳しさで処罰する必要があるのですが、ここで難しいのが「軍務であったのかどうか」という境目です。

b.pnga.png


この記事は情報が古くなっている可能性があります。
これはあくまで呑み話をまとめたものです。

p1.jpg
sign.jpg