HOME > インタビュー・コーナー > 「国防」についてプラクティカルに考えてみよう > 予備自衛官補は「自衛隊お試しコース」

「国防」についてプラクティカルに考えてみよう

ジャーナリスト 芦川淳 氏

予備自衛官補は「自衛隊お試しコース」

ジャーナリスト
芦川淳 氏 


運営者 改正憲法草案によると、自民党は自衛隊を、「自衛軍」と改称しようと考えているみたいですが。

芦川  個人的意見としては、「国防軍」がよいのではないでしょうか。それが一番実態を表していると思いますよ。英語表記ではJAPANARMEDFORCEに統一するのがきれいなんじゃでしょうか。

運営者 名前がそれでよいとして、もっと国民が親しいものとして感じられるようになるといいと思いますね。今や「水と安全はタダ」という時代ではないんだから。

芦川  予備自衛官補の人たちは、「自衛隊に対する感じ方が全く違ってきた」と言いますからね。その効果たるやすごいですよ。感化されるということではなくて、理解するということです。
 昔みたいに「脱走兵」とか言われて捕まるわけではないですから。やってみて嫌なら辞めてもいいんです。自衛隊員は居住地が定められていますが、予備自衛官についてはそれがないわけですから。自衛隊の長期体験ができるということなんです。

運営者 お試しコースということですね。

芦川  1日コースでもいいということなんですよ。

芦川氏の他の記事

自衛隊vs.人民解放軍 我らもし闘わば

沖縄の基地問題など、国防を考える3  芦川淳 氏

原子力空母ジョージ・ワシントンに乗ってきた!

「国防」について考えてみようPART2  芦川淳 氏

「国防」についてプラクティカルに考えてみよう  芦川淳 氏

b.png


この記事は情報が古くなっている可能性があります。
これはあくまで呑み話をまとめたものです。

p1.jpg
sign.jpg