「天才の国」イタリア自然派ワインの真実

川村武彦氏と山田恭路氏川村武彦氏と山田恭路氏

「BMOはどうしてフランスばっかりで、イタリアの自然派ワイン(ナチュラヴィーノ)を扱ってくれないのかなあ」と思っていたのですが、08年10月からイタリア自然派ワイン『アルモニーア』セレクションの輸入を始めたそうです。これを前にして、ミラノ在住12年、500軒の蔵元を訪問して「日本には正確なことが伝わっていない」と嘆く川村武彦氏<片岡物産(株)ミラノ事務所>と、彼と一緒にイタリアの蔵元を回っているBMOの山田恭路社長に、イタリア自然派ワイン紀行を対談していだきました。わたしは飲みながら横で聞いてました。なんでもいいから早くうまいイタリア自然派ワイン飲ませてくれ~。

ニーズは高いけどハードルも高い、とっつきにくい国

「イタリアワインは気分で売る」

ワインは身体全体で感じるもの

電話にすぐ出てくるような造り手はダメ

チェファリッキオ:100ha丸ごとバリバリの自然派

真実の自然派ワインは「造り手の血」が畑に入っている

覚醒したスーパー農協:カンティーナ・ヴェノーザ

ラチェレータ:ワインのプロなら一度は見よ

エリア全体をビオディナミの相互作用で強くする

世界唯一無二の造り手は「ワインで世の中をよくしたい」

エラルド・ヴィヴェルティ:「安いバローロ」の理由

「ブドウ畑の修道士」の手のひら

ボルドーネ:和風イタリア料理にぴったりのお値打ちワイン

カッシーナ・カロッサ:「ガンベロ・ロッソ」はこう受賞する

「最右翼のマイナー産地」マルケ州のワイン発掘

「イタリアの自然派」を品揃えにどう位置づけるか

アマーレ! カンターレ! マンジャーレ!

イタリアほどおいしい「自然派」が一堂に会している国はない


関連記事:自然派ワインに首ったけ


3amours(トロワザムール)に行けば、ここに出てきたワインが飲めます。

a.png