日本にはもう一段の精神史的な脱皮が必要



運営者 それで、飯坂さんがさっきおっしゃったような、曲がりなりにも発展してきた日本というのは、まさに曲がりなりにであって、今後もそれが続くかというと・・・。

飯坂  西欧モデルが第1モデルであるとすると、東アジアモデルというのは第2モデルということですか。

運営者 第2モデルに甘んじるということですね。でもね、僕は、勝てないんじゃないかと思うんですね、それでは。

ペトラルカペトラルカ飯坂  うんまあ、勝とうと思うと無理だね。だけど野蛮人が速成栽培で文明化しようとしたら、第2モデルしかないのかもしれない。

運営者 日本も明治維新のときに、単なる野蛮人だったのが、西洋文明を輸入することによって精神的に一段階脱皮することができたわけです。「民主主義でなければならない」ということも、国民的な意識としてなんとなく認識されたわけです。本心からそう思っていない人もまだたくさんいますけど。

 ゲルマン民族の場合、キリスト教を導入することによって、その背後にあるギリシャローマの文明を導入することができた。だけど、それから800年以上たって宗教改革をやることによって、初めてそれが本物になったんだと思うんです。
 それと同じように、日本人も、もう一段の精神史的な脱皮を遂げないと、本物にはなれないんじゃないのかと思うんですね。

飯坂  ということは、明治維新から800年かかるということですか。

運営者 そう。それをもうちょっと縮めるための努力をしなければならないんです。そんなに嫌そうな顔しないでくださいよ(笑)。 

b.pnga.png