台灣好好 日本よりも日本らしく 24

旅行土産話仲間 飯坂彰啓

総統選挙 自分は台湾人なのか中国人なのか



運営者 そのような白色テロの時代が続き、80年以降になってやっと民主化の動きが起こってきました。フォルモサ運動っていうんですけどね。雑誌を中心にして民主化運動が起こり、国民党以外の政党が登場する素地ができました。
 天安門事件もプラスしたんです。台湾で民主化運動をやっているときに、「国民党が民主化運動を武力鎮圧するんだったら北京政府とおんなじだろう」ということで、国民党は動きを封じられてしまいました。そんなこんなで民進党という新しい政党が成立し、李登輝が本省人として最初に総統となって国民党政権下で民主化をさらに進めました。

 李登輝は見事な政策を実行したと思います。そして2000年に政権交代して民進党政府になり、李登輝も国民党から離れて台湾団結聯盟なんていう政党にからんだりしています。李登輝はボケちゃったんじゃないかという見方もあるようです。この団結同盟の名前を変えようというので、画数を考えて賞金を出して応募を募っているみたいでしたよ。

総統選挙 自分は台湾人なのか中国人なのか 民進党は台独派ですから、現実的に見て中国から独立しようという考え方です。国民党は嘘だか本当だか、中国に攻め上ろうと言ってるわけですから。李登輝はそういう中で、うまく切り分けながらやっていたわけですけれど、国民党の一部は李登輝の政策を嫌って新党をつくるし、現状は混乱の極みですね。次の選挙は国民党の馬英九の優勢が伝えられていますが。
 台湾人は、そういう環境にあるがゆえに、「自分のアイデンティティーが自分は台湾人なのか中国人なのか」という問題を常に突きつけられているわけです。政体の選択はそれと密接に関係しています。
 その意思表示をするのが総統選挙なんですね。
 だから政治意識が極めて高いみたいですよ。そこから考えると、日本人の政治意識なんて子供みたいなもんです。

飯坂  それは悪いことではないでしょう。

運営者 僕に言えるのは、台湾はそういう国だということをまず理解すること。昔の開発独裁国家のイメージが強くて、民主化後の台湾のことを僕もふくめて知らなかったですからね。その上で日本は国際戦略のなかで台湾をどのように位置づけるのかを考えるべきだということなんですけどね。

飯坂  日本にとって望ましいのは、台湾が独立国として日本と同盟を結ぶのが一番いいシナリオなのかもね。

運営者 しかし現実的には国家としての台湾すらも否定しているのが現状です。
 総統選挙は、日本の安全保障にとっても極めて重要な問題なのです。

b.pnga.png