日本の戦後教育は間違っている! 14

旅行土産話仲間 飯坂彰啓



飯坂  まあ、5:5:3の比率は、よほどみんな不満に思っていたんだろうね。1922年のワシントン条約で日英同盟を廃棄させられて、1930年のロンドン条約で巡洋艦以下の補助艦についても5:5:3を飲まされて・・・。

運営者 そのように、この82歳のおじいさんが口角泡を飛ばして日本の立場を擁護してくれている間、他の国の観光客はその辺で勲章を見ているんです。
 彼はそれに続けて言います。「あの戦争のおかげで今の平和があるんだ」と。

飯坂  それはそのとおりだと思うけど。

王建民は国民的スター王建民は国民的スター運営者 これは蕭さんの意見ですよ。蕭さんは、「戦争には負けたけれど日本は目的を達したのではないか」と言うんです。


「日本はアジアに勇気を与えた。日本でも、白人の大国を相手に戦って、一部は勝っているじゃないか。であるなら、僕たちもやれるだろうと思ってベトナムやシンガポールやマレーシアは独立したし、ベトナムはアメリカと戦争できたんだという視点で私は戦争を見ている。

今の台湾を建設してくれたのは日本だと自分は感じている。自分がそう感じているから、自分の知っていることを話しているだけで、そうでないという考え方があることも知っている」

 と彼は言っているのですが、彼がそう熱っぽく語っている背後で「疲れたから座りたい」と言っているおばさんがいたり、勝手にうろついて警備の兵隊に止められているバカモノがいたりするわけです。これだけ厳重な警備をやってるんだから、ガイドについて歩かないといけないのはわかりそうなものなのに、状況判断能力ゼロ・・・。

飯坂  まあ、いいんじゃない、それは。
 日本がアジアを解放したというのは、アジアの人の視点からみるとまさにその通りで、インド人には日本のおかげで独立できたと言っている人は多いらしいし、遅かれ早かれ独立はできたんだと思うけど、日本が戦ったことにはそうした意味はあったでしょう。

運営者 しかし日本では、ある種の勢力が、そうした歴史観を教科書やメディアで人の目に触れさせることに極端に抵抗したり、排除したりしているわけです。

飯坂  われわれは、共産革命を目的とする勢力が教育を利用してきたことに対して、もっと怒らないとだめだよね。われわれはそういった道具にされて、下手をしたら革命の兵士として駆り出されるはめになっていたかもしれないということは、きちんと認識をするべきだし、断罪するべきだよ。

運営者 赤い人たちは、日本がカンボジアのようなキリング・フィールドになればいいと思っていたんでしょうね。
 だから、その部分は確実におかしいわけなんだけど、ところが教育というのは恐ろしいもので、われわれの世代は、「過去の日本はアジアの国々に本当に悪いことをした」と刷り込まれているわけです。まあこれ、反日教育を受けている●国人のみなさんも同じように刷り込まれてるんですけど。

飯坂  中国共産党はそう言ってるよね。

運営者 日本と敵対したという意味で、台湾の国民党もまあそんなに変わらないんですけどね。中国同様に、さかんに反日教育をやったようです。
 だけど僕がここで強調したいのは、少なくともこのおじいさんは、「日本の戦後教育は間違っている」と、声を枯らして言っていましたよ。
 それを日本に帰って一人でも多くの友人に伝えて欲しい。そしてここに(総督府や二二八記念館)に来るように伝えて欲しいと彼が言うので、「じゃあネットに書きます」と言って、この話をしているんですけどね。
 まあ、「韓国に出かけるくらいだったら台湾に行け」ということですよ。

b.pnga.png