HOME > メルマガ > 地雷処理機のおじさん

地雷処理機のおじさん◆「人間力」エピソード集

red.gif


 カンボジアでは内戦時代に35種類600万個の地雷が埋められたといわれている。このすべての地雷を除去するには100年以上かかり、その間に多くの子供たちを含めた民間人が地雷の犠牲になると見られていた。
 ところが救世主が現れた。山梨日立建機社長の雨宮清氏が、たまたま訪れたカンボジアで地雷被害の悲惨さを目にして、「世界から地雷をなくしたい」と考え、ショベルカーのショベルの先に地雷用に開発したパーツを付けて地雷を除去する装置を約10億円かけて開発し、カンボジアで実験した後、世界7カ国で地雷を除去し続けている。

 その様子をあるテレビ番組が取材していた。レポーターの女性が雨宮社長と一緒にカンボジアにわたり地雷原を歩くのであるが、レポーターは緊張してガチガチになっている。しかし雨宮社長はひょいひょいと地雷原を歩いていくので、レポーターの女の子が「どうしてそんなに平気で歩いていけるんですか」と思わずたずねた。するとこの社長は、「違うんだよ、逆にリラックスして集中していないと危ないんだよ」と答えたのだ。

 そう、リラックスすれば集中力が生まれて、危険を察知することができるのだ。リラックスとは、身体中の力が抜けて、気も抜けている状態とは違う。それは脱力状態である。リラックスとは、力は適度に抜けているが、気持ちは「よしっ、やるぞ」と、これからやることに向かっている状態のこととお考えいただきたい。
 雨宮社長が改良したショベルによって地雷原はどんどん撤去され、畑に変わっていくだろう。

 東大受験マンガの「ドラゴン桜」には、試験を受ける時のコツとしてこう書いてある。
 自分を客観的に見ること。試験を受ける前に必ず自分の周囲を見ろ。そしてまず落ち着け。幽体離脱して自分を客観的に見るべし。
 リラックスすれば自分の実力を最高に発揮できる。

 地雷撤去でカンボジアの復興に貢献する雨宮社長は、リラックスして集中力を高める人間力を持っていた。
red.gif


b.pnga.png

人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと