HOME > メルマガ > キャスリーン・バトルのわがまま

キャスリーン・バトルのわがまま   ◆「人間力」エピソード集


red.gif



 相手のわがままへの対処策として、こんなものがある。
 キャスリーン・バトルは有名なソプラノ歌手で、日本でもバブル期にウイスキーのテレビコマーシャルでヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」を歌って人気が爆発した。しかし彼女はとてもわがままな歌手として有名で、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場のスタッフをあまりにもいじめるので、ついに歌劇場から追い出されてしまったというエピソードを持つほどだ。
 これは、そのキャスリーン・バトルのわがままに付き合わされるはめになったわたしの友人の話である。

 彼女は音楽事務所に勤めていて、この会社が人気絶頂のキャスリーン・バトルを招くことになり、その日本滞在中のアテンドが彼女に命ぜられた。しかし彼女の前任者はバトルのあまりのわがままに耐えかねて、辞表を叩きつけて会社を去っていったという。

 ではバトルはどのような恐ろしいわがままを言うのだろうか。実はそれは先にわかっていて、彼女は夜中になると「ニューヨークで売っているあのハンバーガーが食べたい」と決まって言い始めるのである。しかしそんなものを取り寄せられるはずもなく、このスーパースターの際限のないわがままにスタッフはおびえることになるわけだ。
 わたしの友人は、バトルの来日を前にして悩みに悩んだ。どうすればハンバーガーを食べたいというバトルをなだめて、機嫌よく舞台に立ってもらうことができるだろうか……。

 あっという間に月日は流れて、ついにバトルが来日した。案の定バトルは、夜中になると彼女に対して、「ニューヨークで売っているあのハンバーガーが食べたい」とごね始めた。そこで彼女は、「そのハンバーガーはとてもおいしいと思いますが、これは日本でとても有名なモスバーガーのテリヤキバーガーというハンバーガーです。だまされたと思って食べてみてください。とてもおいしいですよ」と言ってテリヤキバーガーをバトルの前に差し出した。

 バトルはテリヤキバーガーを「こんなもの、おいしいはずがないじゃない」という目で一瞥したが、手にとって一口かじってみた。その次の瞬間に彼女の口をついて出た言葉は、「これいいじゃない!」。ということでたちまち大歌手のご機嫌は回復。日本滞在中、ニューヨークのハンバーガーのことは忘れてテリヤキバーガーばかりを食べ続けたのである。

 こうして彼女はバトルのわがままを見事に回避し、日本公演も成功裏のうちに終わった。しかしアメリカに帰ったバトルは、「日本のテリヤキバーガーが食べたい」とごねてマネージャーたちを困惑させたことは言うまでもない。
 人間力のある人は、相手の注意をうまくそらせて、コントロールする術を知っているものである。
red.gif


b.pnga.png

人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと