HOME > メルマガ > 熱海会談 松下幸之助の涙

熱海会談 松下幸之助の涙   「人間力」エピソード集

red.gif

偽りのない心で信頼は回復する


 一度壊れた信頼関係を修復するにはどうすればよいだろうか。松下幸之助のケースがある。
 東京オリンピックの年一九六四年まで、家電業界は経済成長の波に乗って成長を続けてきたが、成長の波も踊り場を迎えたらしい。この年の松下電器産業の半期売り上げは一九五〇年以来初めての減収減益となった。松下電器を支えていた全国の代理店の中にも赤字のところが激増してきた。販売店の深刻な経営悪化を前にして、三年前に社長を退いて会長になっていた松下幸之助は、この年の七月、全国の販売会社、代理店の経営幹部二七〇人を熱海のニューフジヤホテルに招集した。これが有名な熱海会談である。

 冒頭で幸之助は、「これは秘密会議です、何日でも話し合いましょう」と代理店の社長たちに呼びかけた。社長たちからは幸之助に対する厳しい責任追及の声が沸き起こった。幸之助が「この中で儲かっている会社はありますか?」と問いかけたところ、手を上げたのはたった二〇人だった。問題のあまりの深刻さに、幸之助も大きなショックを受けた。
 販売代理店側は、「こちらはたいへんな営業努力をしているので、赤字の責任は松下電器にある」という追及の緩めることはない。これに対して幸之助は「われわれはお互いに独立した会社なのだから、業績が悪いのは松下だけの責任だと考えるのはおかしい」と二日間立ち通しで反論を続けたのである。

 しかし三日目の朝、壇上に立った幸之助はこう言った。
 「三日間十分に言い合ったのですが、こうなったのは松下が悪うございましたということです。この一言に尽きます。このような事態を招いた原因の半分は、日本経済と業界の混乱にありますが、われわれが好況に慣れて安易感をもったことにも原因があります。販売会社の松下依存を責める前に、まず松下電器自身が改めるべき点は改め、その上で販売会社にも求める点があれば率直に改善を求めて、危機を打開していくしか方法はありません。売上の減少などはこの際、問題でない」
 幸之助はハンカチであふれる涙をぬぐいながら反省の念を表明した。

 会場はそれまでのとげとげしい雰囲気から一転して粛然となり、販売会社の社長たちは、「いやわたしたちこそ悪かった、やるべきことをやっていなかった」と言い始めた。会場のあちこちからすすり泣きが聞こえ、中には立ち上がって拍手するものもいた。
 販売代理店側も、「市場が落ち込んでいるから売れないのであって、幸之助に当たるのは筋違いだ」ということはわかっているのだが、それでもあえて幸之助に不満をぶつけざるを得なかったのだ。しかしそうした気持ちも幸之助の涙を見た瞬間に社長たちの心の中から消え去っていったのである。
 会議の最後に幸之助は、一週間かけて社長たち一人一人にあてて書いた「共存共栄」の色紙を手渡して松下電器と販売代理店が手を携えて進むことを再確認したのである。その一カ月後、幸之助は会長のまま営業本部長を兼任し、販売店から出た不満や問題点を半年で改善した。そして翌年の決算では史上最高益を回復したのである。
 幸之助の気持ちが代理店の社長たちに通じたのは、決して演技ではなく、社長たちの困っている現状を心から理解したということを幸之助が涙で示したからであろう。幸之助は考えに考え抜いて物事を決める人であり、その彼が松下だけに責任はないと言っていたのは嘘ではないはずだ。しかしその彼が「いや、やはりわたしの責任だ」と認めたのも本心からの言葉だったはずだ。その熱誠が販売代理店の経営者たちの心に届いたのである。
 松下幸之助は、とことん議論を尽くしてお互いの気持ちの奥底に触れ合うことで、販売店主たちとの間の信頼を回復できたのである。

 これと同じような体験は、キヤノンの御手洗冨士夫会長もキヤノンのアメリカ法人社長のときに体験している。
 当時アメリカ北部では、静電気のためにドライトナー複写機の画像が乱れる問題が起きていた。販売店側は「キヤノンを訴える」というところまで騒ぎが広がっていた。御手洗は複写機販売店の大会であいさつに立ったが、会場はどっちらけの状態であった。彼は失意のうちに降壇したが、突然一人の販売店の代表が壇上に駆け上がった。彼の地域は南部地域なので静電気の問題が起きておらず、「うちはキヤノンの複写機で儲けさせてもらった。ミスター御手洗に感謝状を送りたい」と述べたのである。これをチャンスとみた御手洗は再び登壇し、「われわれは運命共同体だ。あなた方に迷惑をかけるつもりはまったくない。皆さんの損失はわれわれの損失です」と三〇分間声をからして訴えた。

 御手洗の声を聞いているうちに会場は静かになり、最後は大きな拍手で締めくくられたという。御手洗は「あのときはついていた」と当時を振り返るが、なんとか販売店との信頼関係を取り戻したいという彼の熱意とウソ偽りのない心がなければ、販売店の信頼は取り戻せなかったことだろう。

red.gif


b.pnga.png

人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと