HOME > メルマガ > 有権者に自分の意思を持たせ、行動させた小泉純一郎

有権者に自分の意思を持たせ、行動させた小泉純一郎   「人間力」エピソード集

red.gif

人を動かすには、問題意識を喚起する

 人を動かすには、まず最初に、まったく問題意識を持っていない相手にも「これは自分の利益に関わる問題だ」と気づかせ、問題意識を喚起する必要がある。何も考えていなかった人々の意識に火をつけて、歴史を変えたケースの話をしよう。
 二〇〇五年八月八日、参議院本会議は小泉内閣が提出した郵政民営化法案を否決した。そのため小泉純一郎首相は即刻衆議院を解散した。参議院で郵政民営化法案が否決されたのは、自民党内部の郵政民営化反対議員の裏切りによってであった。
 小泉首相はこの日の夕方、郵政民営化を焦点に衆議院を解散した経緯について国民に訴えかけるテレビ演説を行い、原稿に目を落とすことなく、心の底から発する言葉の力によって国民の心を大きく動かすことに成功したのである。
 「わたしは、この郵政民営化が必要ないのか、国民のみなさんに聞いてみたいと思います。言わば、今回の解散は郵政解散であります。郵政民営化に賛成してくれるのか、反対するのか、これをはっきりと国民のみなさまに問いたいと思います。
 この郵政事業を民営化できないで、どんな大改革ができるんですか。
 今回、わたしはほんとうに国民に聞いてみたいと思います。ほんとうに郵政民営化は必要ないのか、公務員のほうが民間人よりも公共的な大事な仕事をするのか。わたしはそうじゃないと思います。
 わたしはいまだに、ほんとうに行財政改革をするんだったらば、将来、簡素で効率的なあまり政府が関与しない、役所の仕事を民間に開放しようという主張を展開するならば、この郵政民営化はしなければならないもんだと思っております。
 自由民主党は郵政民営化に賛成する候補者しか公認しません。言わば、はっきりと改革政党になった自民党が、民営化に反対の民主党と闘って、国民はどういう審判を下すか、聞いてみたいと思います。だから解散をしました。
 そして、この郵政民営化に賛成する自由民主党・公明党が国民の支持を得て、過半数の勢力を得ることができれば、再度、選挙終了後、国会を開いて、これを成立させるよう努力していきたいと思います」(抜粋)
 これまでの日本の政治家の演説では、国民の意思を正面から問う方法は忘れ去られていた。国民から全権委任を受ける形を作って好きなようにやるというのがそれまでの政治家のスタイルだったからだ。しかし彼は政権末期になってそのスタイルを破り、短い演説の中で何度も「国民に聞いてみたい」と呼びかけた。この小泉演説を聞いた国民は、それまで郵政民営化にあまり関心がなかった人でも、「小泉さんはボクに聞いてるのか。そうか、郵政民営化は自分が判断するべき問題なんだ。こんなことこれまでなかったよなあ。よしっ、投票してやろう」と意識づけられ、投票所に足を運んだのである。
 結果として自民党は九月の総選挙で二九六名の当選者を出し、連立を組む公明党を含めた与党は四八〇議席のうちの三二七議席を占めるという大躍進を遂げた。
 大半の国民はそれまで、ほんとうは郵政民営化について明確な意思など持っていなかったのだ。小泉首相はそのあいまいな民意に演説で訴えかけて、国民一人ひとりにはっきりした意思を持たせ、投票行動に結びつけたのである。

中立的な人たちを自分の味方にしたい
小泉首相なら  「あなた自身の意見を聞きたい」と真摯に訴えかけて、こちらに振り向かせる


red.gif


b.pnga.png

人間力とは、「大人になること」と見つけたり













人間力★ラボ人間力★ラボ
人間力★ラボ

人間力営業人間力営業
人間力営業

“オープンソース型ビジネスマン”の生きる道 目次オープンソース型ビジネスマンの生きる道


Better habits 社員研修 ビジネスマナー研修 新人研修

人間力ラボ 「人間力」とは相手の心に働きかけて、人を動かす力のこと